転職キャリアルール

外資系企業勤務弁護士サラリーマン弁護士による転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

司法修習生が就活を楽に効率よくするには転職エージェント(人材紹介会社)を使えばいい

f:id:Brandeis:20191012150929j:plain

司法修習生も転職エージェント(人材紹介会社)を無料で使って就職活動ができる

司法試験合格後に就職活動をする弁護士希望の多くの方は、「就活大変だ」と感じていると思います。

応募先を探して、履歴書を準備して、メールで送ったりやりとりして、書類落ちにあって悲しみ、面接で緊張して、落ちればお祈りメールに落胆します。 

いずれのプロセスもかなり疲れます。

2次、3次面接で落ちるとがっかりし、採用プロセスが進まず「手持ち」が少なくなれば焦ります。

応募先とメールでやりとりするのも大変です。


そんな司法修習生もリクルートエージェントなどの転職エージェント(人材紹介会社)に依頼すれば就活が楽になります。 

www.career-rule.com

 

就職先はインハウスがメインになりますが、法律事務所の有益な情報も得られると思います。

 

つい最近は三井住友銀行の求人情報を見ました。

 

(2020年2月26日改定)

1 転職エージェントを司法修習生も無料で使えば楽に就活できる

転職エージェントに登録すれば、担当者と面談した後は、その担当者がすべて応募先企業とやりとりしてくれます。

 

面倒な日程調整は全てお任せです。

 

応募時の推薦や、面接後のフォロー(企業へのプッシュ)等もしてくれます。


それに、リクルートエージェントやdodaは、面接対策セミナーをやってくれたりします。

 

これは役に立ちますよ。


エージェントによっては、模擬面接をやってくれたりもします。


新卒相当の司法修習生は、こうしたサービスをぜひ活用すべきです。

就活対策をろくにしていない人が多いので、やっておくといいですよ。

 

「私は法律事務所に就職したいんだ!」という人も大手転職エージェントへの登録と、面接対策セミナー対策等はおすすめです。

無料で受けられますし、いい出来です。 

 

2 司法修習生の就活におすすめの転職エージェント(人材紹介会社)

以下の会社をすすめます。


1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、以下のような理由から転職には「外せない」会社です。

  • 最大手の圧倒的求人数
  • ゆとりのある候補者への対応
  • システムの使い勝手
  • 面接対策セミナー


司法修習生のような若者にはとりわけリクルートエージェントはおすすめです。

 

なぜなら、大手人材紹介会社のエージェントは、中小エージェントよりもやさしく、人当りがいいからです。

 

就業未経験の人が中小人材紹介会社のおじさん社長とかに面談に行くと「お前何しに来た?場違いだ」みたいな対応されますよ。

 

「そもそも面談に呼ぶなよ」と思うのですが、中小企業エージェントっていいかげんなので、よくわからず面談をセッティングするところもあります。

 

また、無料面接対策セミナーもとてもおすすめです。

本を買って面接対策するよりも、まずセミナーに行く方がわかりやすい。

 

▶ リクルートエージェント

 

www.career-rule.com

 


2位 doda

dodaは業界第2位の大手人材紹介会社パーソルの転職支援サービスです。

お勧めする理由はほぼリクルートエージェントと同じ。

両社に登録すれば重複求人情報もあると思いますが、数多くの求人情報を得られます。

 

▶ doda

www.career-rule.com


3位 MS-Japan

法務を含めた管理職転職に強みのある人材紹介会社です。

ややハイポジションに強みがある、と謳っていますが、若手の求人もかなり扱っていると思います。

きれいな会社で転職初心者には相談しやすいのは大きなメリットです。

 

▶ 弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】 

www.career-rule.com

 

4位 弁護士ドットコムキャリア

ここは個人的に丁寧にキャリア相談できた経験があるため、修習生も相談に乗ってもらえるなら、将来のことを考えてるとよいと思います。

 

▶ 弁護士ドットコムキャリア

5位 JACリクルートメント

司法修習生にはやや裏技的な人材紹介会社です。


リクルートエージェント、dodaとあわせて3大エージェントと言われることがある大手です。

 

高額年収レンジに強みがあり、求人件数も多く、エージェントのプッシュ力による高い採用決定率が魅力です。

 

特に、ここのエージェントは、リクルートエージェントやdodaといった大手と違い、企業の営業と応募者対応を同じ人が兼任でやっていることもあり、企業に採用を強く働きかけてくれます。

 

ここは法務専門ではなく、担当エージェントが司法修習生が何かよくわからない可能性があるのですが、たくましいエージェントが優良企業に修習生をうまくぶちこんでくれる可能性があります。

そのため「裏技的」人材紹介会社として紹介します。

 

▶ JACリクルートメント

  

4 法律事務所就活で転職エージェントから貴重な情報を引き出す

どの法律事務所はよくて、どの法律事務所がヤバいか。

法律事務所とのパイプを持っている転職エージェントならば、そうした情報を持っています。それを活用するのです。

 

ブラック法律事務所は、人がすぐ辞めます。

そのため、ブラック事務所は、よく求人情報を出しています。 

弁護士会の求人サイト「ひまわり求人求職ナビ」を数年見ていれば、「あ、この事務所また求人出してる」というのがわかります。

 

私は、そういう弁護士流動性の高いブラック事務所で勤務したことがあります。

 

その事務所勤務の同僚弁護士から後日聞いた話だと、転職エージェントからも「人がよく辞める事務所」としても有名だったとのこと。

 

法務専門のエージェントだと、ひまわり求人求職ナビはしょっちゅうチェックしてますし、たくさんの弁護士と話しているので、ブラック事務所の情報はけっこう持ってると思います。

 

 

5 転職エージェントは法務就職に必要な「コネ」を持っている

求人先とのコネは重要です。

「なんかコネって嫌だ」って思うかもしれませんが、知らない人と会うより知っている人からの紹介の人と会う方が心地よく、安心できる、というのはみんな同じです。企業の採用者もそうです。

 

多くの司法修習生は、「そんなコネ持ってないよ」と思うはずです。私もそんなつながりは全然ありませんでした。

 

弁護士会かどこかの司法修習生向けの就職説明会な何かで「法律事務所に就職するには紹介を受けた方がいい」というアドバイスを聞いたことがあります。

 

これは正しい。しかし、どう実践するのか。

 

弁護士の知り合いを作るのがよいのですが、そんな就活に役立つネットワークはすぐにできません。

 

そんな司法修習生でもすぐできるネットワークづくりが、転職エージェントに会う、ということです。

エージェントはすでに法務関係の求人をする組織とコネクションがあるのです。それを使わせてもらえばいいのです。無料で。

エージェントもそれでお金が入るからうれしいのです。 

www.career-rule.com

  

6 情報収集のために数多くのエージェントに会うべき

1社だけでなく、複数の転職エージェントに会うことを、時間にゆとりのある司法修習生には特に勧めます。

働きながらだと転職エージェントに会う時間が取れない人もたくさんいるのです。

転職エージェントに余裕で会えるのも暇な修習生の特権です。


たくさんのエージェントに会う理由は「情報収集」です。
次のような情報が手に入ります。

  • どのような求人があるか
  • 転職エージェントの人となり、相性
  • 人材市場動向
  • 将来のキャリアパス

本やネット、知り合いだけでなく、ぜひプロと会って話をしてみましょう。

比較してこそどこが良いのかがわかります。 

www.career-rule.com

 
転職エージェントとの話は、法律事務所志望の人にも役に立つと思いますよ。

 

タイトルのとおり、司法修習生が転職エージェントに会えば、就活を楽に効率よく無料ででき、上記のような有用な情報が手に入って、同期にちょっとした差をつけられるのです。近い将来に多くの人が転職を考えるようになるからです。

 
もっと多くの転職エージェントに会おう、と思う方は以下の一覧記事を参考になさってください。 

www.career-rule.com

 

 

www.career-rule.com