転職キャリアルール

外資系企業勤務弁護士サラリーマン弁護士による転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

リファレンスチェック・バックグラウンドチェックとは | 転職で前職調査を拒否できるのか

転職応募時にリファレンスチェック(前職調査)をしてよいかと質問されたらどうするか 外資系企業に応募すると、「前職の職場に照会をかけることがあります。同意しますか?」という質問をされることがあります。 リファレンスチェック(前職調査)というや…

仕事での幸せを求めて転職をしてはならない

仕事で幸せであるべきとの考えにとらわれるのはよくない 仕事が楽しくない。 仕事が楽しいならどれだけ幸せだろう。 職場で従業員が幸せを感じられる職場が最高だ。 仕事では幸福感を感じられるべきであり、そのような仕事・職場を追い求めるのは、仕事選び…

転職活動のやる気が出ない時に効く心理学的処方箋

転職するにはやるべきことがあるが、やる気が出ない時にどうしたらいいのか 今の職場はもう嫌だ。転職する。 そう心に決めたのに、転職活動が億劫でしょうがない。 転職するにはそもそも何から始めたらいいのか。 履歴書?職務経歴書?何か書けばいいの?そ…

法務求人で必要な英語力はどれくらいか

法務部員の実際の英語力と求められる英語力について。

転職面接は第一印象で決まる、という気概で臨め

転職面接で第一印象は大切だ 転職面接で、最初の印象はインパクトが大きいです。 とても大きい。 採用するか否かの評価の基準として後々まで響きます。 なぜそんなに大事で、どうすべきかを説明します。 (2020年11月7日改訂) 転職面接で第一印象は大切だ …

弁護士の転職と年齢 | 年代に応じた転職事例と限界を考察する

弁護士の転職と年齢についての実例 弁護士が転職する際には、若い方が選択肢がたくさんある。 年を取れば選択肢は減る。 これは当然です。 では、何歳を超えるとダメなのか? ダメということはありません。年齢に応じた転職実例があります。 自分の経験と知…

転職面接に受かるアピール方法 | ハーバード流面接突破術

転職面接合格のための心理学に有効なアピール方法 転職面接の合格率を高めるためには面接で何を話したらいいのか? 【転職面接で伝えるべきことの要約】 (i) 人間的な温かみを示す 相手に関心を払う 共感を示す 自分が先に相手を信用する (ii) 有能であるこ…