リクルートエージェント転職相談の感想 | 鉄板の定番

  • URLをコピーしました!

リクルートエージェントはとてもいいです。

求人案件数が豊富で、マイページでの情報収集や応募といったシステムの使い勝手がよいからです。

求人案件の多さは本当に重要。

転職の際にはリクルートエージェントは登録必須です。

リクルートエージェントの1人目の担当者はよくなかった。面談してて嫌になりました。

交代変更をお願いした2人目の担当者はよかったです。内定も取れました。

リクルートエージェントの無料転職面談セミナーはとてもよかったです。

目次

1人目のリクルートエージェントの担当者は感じが悪かった

感じの悪いおばさんでした。「上から目線」のエージェント。

他のエージェントにも提出していた私の職務経歴書にケチをつけられました。ケチをつけてきたのは、具体的な内容ではなく、余白があったことについてでした。

なぜ職務経歴書に余白があるとだめなのか?

私は、意味のまとまりごとに余白を設けて区切り、読みやすくしたつもりでした。

その上から目線エージェント曰く、「採用担当者は忙しいので、このようにすっきり見せなければいけません」とのことでした。

「1ページにまとめましょう」ならわかる。複数ページのものより1ページのものを読む方が楽です。

しかし、「読み手は忙しいから余白をなくせ」ってそんなの納得できません。。

また、応募については、「自分で求人情報を見てさっさとウェブから応募しろ」みたいな横柄な態度でした。

担当交代を依頼

リクルートエージェントは、登録するとウェブ上で求人情報が見れます。この閲覧機能は非常に便利です。情報も豊富です。見ていると、いくつか応募しようかな、と思える求人情報がありました。

しかし、「あの横柄エージェントが担当か。。」と思うと嫌になりました。

リクルートエージェントは使いたいけれども、担当エージェントが嫌だったのです。交代してほしかった。でも、交代をお願いするのは「なんか失礼じゃないか」と悩んだりしました。

しかし、たくさんエージェントがいる会社だし、交代依頼もよくあるだろうと思い、面談後のアンケートで交代をお願いしました。

その後、担当エージェントが交代になりました。

2人目の担当者はよかった

今思えば、交代をお願いして本当によかった。

二人目のエージェントは、自分でも転職経験者で、前の職場の上司が嫌だったから辞めたということでした。私も上司(パートナー弁護士)が生理的にどうしようもなく受け付けなくなり、気が狂いそうになって転職先を探していました。

話を聞いてもらえてよかったです。

法律事務所から企業へ転職すると年収はけっこう下がります、と釘を刺されて辛かったですが、事実なのか、あるいは期待度を下げておいて転職応募先を増やそうとしたのかはわかりません。

リクルートエージェントから応募した企業と、他エージェントから応募した企業の両方から内定をもらい、とても迷いました。

両方のエージェントとも、自分のところから応募した会社に転職するよう勧めてきます。それは当然です。それで売上が決まるので仕方ありません。

私は、それまで相談していて信頼していた第三者のエージェントにどちらにしようか相談しました。この相談は非常に役に立ちました。信頼できるエージェントは、こうした場面でも役に立ちます。

結局、リクルートエージェント経由で内定をもらった企業は断り、別エージェント経由の企業に行くことにしました。

リクルートエージェントはおすすめ

転職後もリクルートエージェントは、登録を続けていますので、求人情報が常に流れてきます。「こんなのあるんだ」と思ってみています。

リクルートエージェントに登録して、多様な案件、多様なエージェント、求人情報閲覧サイトなどの優れたシステムを活用することは転職活動にとても役に立ちました。

次回転職活動をすることがあれば、またリクルートエージェントに相談することは間違いありません。 

リクルートエージェントのポイント

  • 最大手の豊富な求人数
  • 安心の相談体制
  • 求人検索や応募のしやすさ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる