転職キャリアルール

外資系企業勤務弁護士サラリーマン弁護士による転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

公務員からの転職を成功させるには

公務員から転職

公務員の民間への転職作戦

「役所は特殊な世界で、ここで働いていた人は民間では通用しないのでは…?」

と思う必要はありません。

余計な先入観を持たずに普通に転職活動をすればうまくいきます。

 

1 公務員が使うべき転職エージェント

先に結論(「どこに相談すればいいのか?」への答え)を書きます。

転職エージェントに登録すれば、全部無料で以下のサービスを提供してくれます。

  • 求人情報の紹介
  • 企業への応募
  • 企業との面接日等の調整
  • 企業への応募者の推薦
  • 年収交渉

自力でやるよりはるかに楽です。

 

▼「転職エージェントって何?」という人はこちらの過去記事をご覧ください。

www.career-rule.com

 

(1) 公務員から安定大企業に転職したい人向けのエージェント

無難に大企業に転職したい人、玄人ではない人は、以下のような大手転職エージェントに登録しましょう。


リクルートエージェント
www.career-rule.com

最大手のリクルートエージェントは外せません。

求人情報数が最多というのは、否定できない最高の魅力です。

無料の転職活動セミナーもとてもいい。

 

▶ リクルートエージェント 

 

MS-Japan

www.career-rule.com

MS-Japanは、管理部門転職専門の転職エージェントです。

公務員で、転職したら心機一転営業とかフロント業務をやりたい、という人以外は、管理部門狙いになるでしょう。総務とか人事とか。

それならMS-Japanです。

 

▶   経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】 

 

doda

www.career-rule.com

リクルートエージェントとならぶ大手。
多くの求人、使いやすいシステム、数多くの無料セミナーなどのサービスを享受できます。

 

▶ doda

 

マイナビエージェント

www.career-rule.com

マイナビエージェントも大手ですが、大会社への転職に強みがあり、特に若手の転職に力を入れています。

 

▶ マイナビエージェント 

 

初めての転職であれば、まずは大手人材紹介会社(転職エージェント)に相談すべきです。

大手エージェントの方が、転職初心者相手の対応に慣れています。中小規模の転職エージェントで感じの悪い担当者に当たると辛いです。

「公務員はそんなに行けるところないよ」と感じの悪い商売っ気の強いおじさんに言われたら嫌でしょう。

www.career-rule.com

 

 

(2) 公務員から給料の高い外資系企業やコンサルを狙う転職エージェント

www.career-rule.com

上記(1)よりやや癖がある転職エージェントですが、「無難に大手企業」では気が済まない人は使うべきエージェントです。

 

JACリクルートメント

www.career-rule.com

ここは外資系企業もありますが、日系企業の求人情報もたくさんあります。
昔、日本唯一のユニコーン企業のプリファードネットワークスの独占求人情報を持ってきたことがありました。

 

▶ JACリクルートメント 

 

www.career-rule.com

 

www.career-rule.com

 

ロバートウォルターズ

www.career-rule.com

外資系企業の求人情報が多いです。外資系狙いなら登録すべき。
日系企業の求人情報もあります。

 

▶ ロバート・ウォルターズ

 

イーストウエストコンサルティング

www.career-rule.com

 

ややハイレベル狙いのどちらかといえば高年収帯が得意な人材紹介会社。外国人エージェントから「マッキンゼーに応募しませんか?」と打診してきたこともあり、外資系企業やコンサル転職担当者もいます。

 

▼戦略コンサル狙いの転職エージェントはこちら 

www.career-rule.com

 

 

2 公務員の転職は増えている

公務員の人材流出が増えている
(日本経済新聞2020年3月15日朝刊「公務員の転職希望が急増、大手サイト登録最高、20代、外資やITへ。」)

同記事によれば、公務員の転職の状況は以下のとおり。

 

(エン・ジャパンの状況)

  • 大手転職サイトへの公務員の登録数は最高水準にある
  • 国家公務員の離職者は3年連続で増加
  • 特に外資系やIT(情報技術)企業に転じる20代が目立つ。
  • 国家公務員と地方公務員の登録者数(教師や警察官などを除く)は、2019年10~12月期は1万2379人で、前年同期に比べて22%増加(エン・ジャパン)。全体の登録数は3~4%増なので、公務員の登録者の増加は相対的に大きい。
  • 中でも20代が33%増で急増した。

 

(人事院による国家公務員の離職状況)

  • 定年退職や任期満了を除く国家公務員(一般職)の離職者数は3年連続で増加
  • 厚生労働省は2018年度の離職者数が16人増の575人(定年退職や出向を除く)
  • 経済産業省は2019年度に23人の総合職が離職。例年は15人程度。

 

転職を考える公務員は増えている。

 

3 公務員が転職する理由・志望動機とは

安定した職場で国・地方公共団体等のために働ける公務員は人気のはず。
なぜ転職したい人が増えているのか

(1) 公務員にやりがいを感じないから

中央省庁では国会対応に伴う長時間労働などで、若手を中心に働く意欲が減退している。若手の「公務員離れ」が加速すれば、将来の行政機能の低下を招く恐れがある。

要は、ブラック企業化している職場であることが大きな問題なようです。

国家公務員の残業時間の月平均は100時間(慶応大大学院の岩本隆特任教授の調べ)。

民間平均が月14.6時間だそうで、段違いの長い残業時間です。

国会対応が長時間拘束を招いたり、雑務に時間を割かれることが長時間労働の原因となっているそうです。

 

長時間労働が偉いとされる雰囲気が蔓延しているようです。

そんな雰囲気なので精神疾患による休業者の比率も民間より3倍高いそう。 

www.career-rule.com

 

 雑務が多いのは民間も変わらないと思いますが、空気が違うかもしれません。

 

厚労省の若手の改革チームによる働き方の提言や総務省の働き方改革チームのまとめによると以下のような声、調査結果が出ているそうです。

  • 「生きながら人生の墓場に入った」
  • 「一生この仕事で頑張ろうと思うことはできない」
  • 20~30代の職員の約半数が業務にやりがいと感じつつも約60%が「心身の健康に悪影響」、約40%割が「やめたいと思うことがある」と回答
  • 「モチベーション高く仕事ができている」との回答は、部長級以上で90%超、係長級では54%。


「雑務ばかりの長時間労働はもう疲れたよ。。」

このような理由が退職志望理由ナンバー1になりそうです。

裁量の乏しさは大きなストレス要因ですので、かなり辛い環境のようです。 

www.career-rule.com

 
部長級以上は仕事のモチベーションが高く保てている人が90%以上なので、裁量の広狭が大きくやりがいに直結する職場といえそうです。


(2) 売り手市場だから

新卒者の減少に加え、人手不足で転職市場が活況になっていることも一因とみられる。

2019年の月次平均ベースの転職者数は351万人であり、2002年以降で最多を更新しているそうです(総務省の労働力調査)。

昔は、採用する民間企業も「お役所仕事してた人はちょっと…」と敬遠してたのかもしれません。

今はわがまま言ってられなくなってきたということか。

 

4 公務員はどこに転職すべきか

公務員がもう嫌なら辞めるべきです。無理する必要はありません。

問題はどこに転職するかです。

www.career-rule.com

 

(1) 安定を求めるなら大企業を狙え

安定性に魅力を感じて公務員になった。その魅力は消えない。

そう思うなら日系大企業を狙うべきです。

民間だから業績が悪くなれば倒産はありえますが、大企業の安定性は中小企業とは比べ物になりません。

給料もいい。

世間体も保てます。

大企業なら、転職して嫌なら再度の転職もしやすい。「つぶし」がききます。 

www.career-rule.com

 

しかし、大企業によっては「役所以上に役所っぽい」と揶揄されるところもあります。

絶え間ない雑務が繰り返される可能性は大企業でもあります。

「大企業の仕事はくだらない」と吐き捨てている人もたくさんいます。 

www.career-rule.com

 

どの会社、どのポジションに就くかで大きく変わりますので、要考慮です。


(2) 「あなたとは違うんです」意識高い系公務員はコンサルやIT系に転職する

民間企業の中でも意思決定が速い外資系コンサルタントやITベンチャーに転職する例が多いという。

 

19年に中央官庁からITベンチャーに転職した30代女性は「省庁で働いてもつぶしがきかない。『最後のチャンス』と30代前半までに民間転職を考える人は多い」と語る。有能な若手ほど現状の業務に疑問を感じている可能性が高い。

 

上記(1)のように大企業に転職するのではなく、「普通の人が行かない会社」であるが高学歴、エリート層に言うと「おっ」と思われそうな企業に行きたい公務員もいるでしょう。

外資系コンサルやIT系だと、マッキンゼーやBCGといった戦略コンサル、デロイトやPwC等の会計コンサル等、「それらしい」コンサルはたくさんあります。

  • 公務員は辞めたい
  • 特にやりたいことはない
  • ブランドのある会社に行きたい
  • そうすれば将来つぶしが聞く

こんな感じで「とりあえずエリート層」でありたい、という意識高い系国家公務員に給料の高いコンサルは自尊心維持によい転職先でしょう。

私は「弁護士から外資系コンサルへ」と考えて似たような発想で転職活動をしてました。

国家公務員試験で培った試験と就職テクニックは外資系コンサル転職に使えます。 

www.career-rule.com

 


(3) ベンチャー企業に青い鳥が飛んでいると思うな

「役所は停滞しきってだめだ。ベンチャーで自由にやりたい。ベンチャー企業で社会を変える力になるんだ!」

こんな風に極端に考えたらだめですよ。

ベンチャー企業の方が整っていないものが多く、困難に直面する局面は多いはずです。

「世界を変える」というような幻想も捨てて現実を見るべきです。

「社会の役に立つ」はずの役所で幻滅してたならなおさらといえます。 

www.career-rule.com

 

5 公務員よ転職を考えよ

転職すれば今の職場環境から離れることができます。

劇的な環境変化で生活満足度が急に高まることだってあるのです。

私は非常にストレスフルな職場から転職できてとてもよかったです。 

www.career-rule.com

 

今の職場が不満なら転職でよりよい生活を手に入れることを考えるべきです。

www.career-rule.com

 

*公務員が使うべき転職エージェントまとめ

 

リクルートエージェント
鉄板の最大手

 

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】 
管理部門転職に強み


doda
リクルートに次ぐ業界最大手


JACリクルートメント
大手かつ決定力に強み


マイナビエージェント
若手でも相談しやすい大手狙い

 

ロバート・ウォルターズ
高年収案件に強み。求人件数も多い。  

 

イーストウエストコンサルティング
高年収帯狙い


 

www.career-rule.com