パラリーガルにおすすめの転職エージェント・転職サイト

パラリーガル 転職エージェント
  • URLをコピーしました!

パラリーガルが転職したい、転職を考えたい、と思ったときのおすすめ転職エージェントを紹介します。

転職エージェントに登録するにあたっては、転職することを決断している必要はありません。

転職エージェントは、求人情報を教えてくれますが、応募するかしないかは自分で決められます。私は何社も転職エージェントに登録していますが、興味がなければ全く応募しません。

パラリーガルはあまり世間に知られていない職種ですので、自力で転職するよりも、多くの求人情報を取り扱い、企業や法律事務所とコネのある転職エージェントを上手に使うべきです。

転職エージェントに登録して相談しても一切お金はかかりません。無料です。

目次

弁護士ドットコムキャリア

弁護士ドットコムキャリア

弁護士等の法務人材の転職に特化している弁護士ドットコムキャリアはパラリーガルの転職におすすめです。

法律事務所業界を知らない転職エージェントに相談に言っても「パラリーガルって何ですか?」と担当者に相談されてしまいます。

私はdodaに相談に言ったときに、私が法律事務所でどんな仕事をしているかを担当者に説明した後に「弁護士さんも大変ですね」と言われました。

なんで転職相談に言ってお仕事説明をせねばならないのかと思いました。

法務業界に強みのない人材紹介会社に相談にいっても理解してもらえません。

それだけでなく、法務業界に知らない転職エージェントは、法律事務所や企業法務部にコネがありません。コネがなければ求人情報も少ない。

そういう転職エージェントに相談にいってもパラリーガル求人は全くないということが考えられます。

パラリーガルではない職業に転職したいならいいかもしれない?

そんなことはありません。パラリーガル以外の職業は紹介してくれるかもしれませんが、パラリーガルの仕事を知らなければ、求職者(あなた)の強み等を理解してくれないのです。

弁護士ドットコムキャリアでれば、法務専門転職エージェントの中では大手であり、法務求人が多くて頼れます。

また、私は何回か相談していますが、応募を押し付けてくることがなく安心できました。

そして、弁護士ドットコムキャリアは弁護士だけでなくパラリーガルもOKと明言してくれています。

パラリーガルの方もご登録があり幅広いニーズに対応できます

採用支援サービス – 弁護士ドットコムキャリア (bengo4.com)

その他に弁護士ドットコムキャリアでよいのが以下の「一気通貫」という点です。

弁護士ドットコムキャリア 一気通貫のサービス
採用支援サービス – 弁護士ドットコムキャリア (bengo4.com)

これは、弁護士ドットコムキャリアの担当者が1人で企業と求職者の両サイドを担当するということです。

リクルートエージェントやdoda等の大手人材紹介会社では、企業担当者と求職者担当者は分かれています。分業制です。

分業制の方が効率がよかったり、求職者にとっても話を聞くのが比較的上手な求職者担当と話せるといったメリットがあります。

しかし、分業制よりも一気通貫型の方がいざ応募する時には私はよいと思っています。

一気通貫型の方が決定力が高いから。

一気通貫型の担当者は、求職者を知った上で企業にその求職者を推薦するため、説得力というか押し込み力が高いのです。

分業制よりも一気通貫型の方が決定力が高いことは、大手人材紹介会社のJACリクルートメントの方も言っていたのを聞いたことがあります。

弁護士ドットコムキャリアは決定力が高い一気通貫型でおすすめです。

とはいえ弁護士ドットコムキャリアも当然完璧ではありません。デメリットもあります。

まず、パラリーガルの転職はそれほど求人数が多くなく、弁護士ドットコムキャリアだからといって登録してすぐによい求人情報があるとは限りません

また、企業への転職に関しては、リクルートエージェント等の一般転職大手と比較すると案件数は少なくなります。

ですが、これらの欠点は、焦らずに他のリクルートエージェント等の大手を登録することで解決できますし、弁護士ドットコムキャリアに登録しない理由にはなりません。

弁護士ドットコムキャリア

弁護士ドットコムキャリアでのパラリーガルの転職相談のポイント

  • 法務の転職専門、弁護士業界の知見を有している。
  • 担当者が1人で企業や法律事務所と応募者の両方を担当する(分業制を取る大手とは違うやり方)ことから、応募した際の決定力が高い(とりわけ法務業界)。
  • パラリーガルの仕事を理解してくれた相談ができる。

▼無料登録(公式サイト)はこちら

すべての法務人材のためのキャリア支援サービス。 【弁護士ドットコムキャリア】

▼関連記事
弁護士ドットコムキャリアの評判 | 転職相談体験談 – 転職キャリアルール

リクルートエージェント

リクルートエージェント

前記でリクルートエージェント等の大手よりも法務専門で一気通貫型の弁護士ドットコムキャリアの方がよいと力説しました。

しかし、リクルートエージェント、doda、マイナビ等の大手転職エージェントも捨てがたい。

なぜ大手が捨てがたいかというと、求人案件数が豊富だからです。

企業に転職したいなら特に大手転職エージェントは捨てがたいです。

ここではリクルートエージェントを勧めていますが、dodaでもかまいません。

私ならリクルートエージェント、doda、マイナビの順に全部登録します。独自求人を落としたくないから。

リクルートエージェント 無料登録(公式サイト)はこちら


業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集


マイナビエージェント

MS-Japan

MS-Japan

MS-Japanは、管理部門特化の転職エージェントです。

弁護士ドットコムキャリアのような専門性を持ちつつリクルートエージェントのような大手としての性質を持ちます。

弁護士ドットコムキャリアほど法務業界に入り込んでいるわけでもなく、一気通貫型ではなく分業型を取っているのでリクルートエージェント等の大手と同じシステムを取っています。

専門性と大手の一般性の中間に位置する転職エージェントといえます。

弁護士ドットコムキャリア等の法務特化型転職エージェントとリクルートエージェント等の一般的大手転職エージェントとの両極端を埋めるのにちょうどよい。

MS-Japanのポイント

  • 法務等管理部門転職に強い
  • 特化型でありながら大手で安心のサポート 

MS-Japanは、登録すると無料で法務用の職務経歴書テンプレートを提供してくれるので、これ目的で登録してもOKです。

Spring転職エージェント

パラリーガルが転職で年収を上げる重要ポイントは英語です。

外資系の方が給料が高い。よって外資系転職エージェントを狙いたい。

Spring転職エージェントは、人材サービス大手外資系企業であるアデコの転職エージェントブランドです。

法務専門チームが設置されており、外資系企業の案件ばかりでなく、日系企業の求人も多く取り扱っています。

面談した感じはベテランの方もいて業界に詳しくよい感じでした。

▼無料登録(公式サイト)はこちら

Spring転職エージェントに登録



マイケル・ペイジ

マイケルペイジ

マイケル・ペイジは、外資系転職エージェントですが、求人案件は外資系企業だけでなく日系企業もあります。

私は日系企業の方がよく案内が来る気がします。

マイケル・ペイジはけっこう法務案件が多いです。

そのため、外資系・日系問わずパラリーガルの転職でも求人情報が来たいできます。

▼公式サイト

マイケル・ペイジ

ビズリーチ

ビズリーチは転職エージェントではありません。

いろんな転職エージェントや企業から声がかかる転職サイトです。

ビズリーチ上でパラリーガルの転職案件を検索したところ、1件しか求人案件がありませんでした。

パラリーガルの転職にはあまり期待できないかもしれません。

ただ、その1件の想定年収は「800~1000万円」と高額でした。

英語が出来て数少ない高額案件の機会を失いたくない方にはビズリーチへの登録もおすすめします。

また、企業への転職を考えるのであればもっと案件数は増えると思います。

ビズリーチのポイント

  • 登録は無料
  • たくさんの転職エージェントから声がかかって効率的
  • 高額案件を見つけやすい 

▼ビズリーチ関連記事

リクルートダイレクトスカウト

CAREERCARVER
ハイクラス転職ならリクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営するビズリーチと同様の転職サイトです。

冷やかしでなく本気で転職を考えて、あまりお金は使いたくない人はビズリーチだけでなくリクルートダイレクトスカウト

ビズリーチと違い、リクルートダイレクトスカウトでは転職希望者にはお金が一切かかりません。

リクルートダイレクトスカウトの方がビズリーチよりも転職エージェント等から声がかかる件数はやや少なめですが、同じくらい多いですし、多くは重複しています。

ビズリーチ上で声をかけてきた転職エージェントがリクルートダイレクトスカウトで声をかけてくることがとても多い。

そして、ビズリーチだと返信するのにお金がかかったりしますが、リクルートダイレクトスカウトはそのお金がかからない。

つまり、リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの両方で登録しておいて、両方で同じ求人案件が打診されたらリクルートダイレクトスカウトを使えばいいのです。

▼無料登録(公式サイト)はこちら

▼リクルートダイレクトスカウトの上手な使い方は以下記事をお読みください。ビズリーチと同じです。

パラリーガル 転職エージェント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次