転職キャリアルール

外資系企業勤務弁護士サラリーマン弁護士による転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

マイケル・ペイジの評判を知りたい人向けの転職相談の感想

f:id:Brandeis:20190510233317p:plain

マイケル・ペイジ転職相談体験談

(2020年3月2日改訂)

外資系転職エージェントであすが、日本企業案件もあります。

案件数は比較的多く、他にない案件もあり、おすすめできます。

日本人エージェントとも相談可能です。 

1 マイケル・ペイジとの出会いはLinkedinから

Linkedin上で、マイケルペイジの担当者から「この求人に興味はありませんか?」というメッセージを受け取りました。

 

私は「その案件には興味がありません」と返しました。

 

それに対するマイケルペイジ担当者の回答はこう。

「興味がないのには理由があるはずであり、それを聞きたい」

 

この返しは初めて聞きました。

 

それではどんな求人に興味があるのか、どんな求人情報があるのか、情報交換しましょうということで面談をすることになりました。

 

外資系企業への転職も候補に入っているならばLinkedinは使えます。

www.career-rule.com

  

2 マイケルペイジの担当者は物静かだが率直に話してくれた

先方がカフェを予約してくれました。なかなかお洒落なカフェでした。

担当の方は、転職エージェントには珍しく(?)あまりがつがつとしゃべらない物静かな方でした。

 

転職エージェントは、よくしゃべったり、偉そうにしてきたり、「応募しないなんてあり得ない。とりあえずGOだ」みたいなノリの人がけっこういます。

www.career-rule.com

 

日本人で物静かな転職エージェントは会うとほっとします。

 

会話が途切れるとシーンとしたこともちょくちょくありましたが、そんなに気まずいほどではありませんでした。

 

私の希望をよく聞いてくれました。

 

そして、いくつか候補求人を教えてくれました。

 

5個くらいまずは出てきました。

 

その5個の求人情報を見て、私はこう質問しました。

 

「〇〇さん、もし、私が現職場であるAではない別の職場に勤務していると仮定して、現職場Aとこの5個をあわせた6個の求人情報がある場合、Aが一番おすすめにならないですか?私ならAが一番いいと思います。なので、私は今現在Aにいるので、5個の求人情報にはどれも応募しない方がいいように思えます。」

 

現職場と比較して応募先を決めるのは大切です。

現職場と比較してピンとこない求人なら即断るべきです。

 

 

マイケルペイジ担当者の方は、「それは、たしかにそうですね。Aが一番いいですね。」と返答しました。 

www.career-rule.com

 

正直です。

「ですが、この5個に行けばこんないいことがあります…」というフォローもしてきませんでした。そのあとこの5個を勧めてくることはありませんでした。

 

感じが非常によかったです。非常に冷静な対応で、嫌な顔もしていませんでした。

 

3 面談後さらによい案件を教えてくれた

面談後に、メールで、2件ほどかなりよい案件を知らせていただけました。結局応募しなかったのですが、他社では見なかった有名日本企業の法務案件でした。

 

応募はしなかったものの、「ここもこんな給料で募集してるのか」とためになりました。

 

マイケルペイジの補足企業もわかりました。

 

その後もちょくちょく案件を知らせてくれ、キャリア相談も乗ってくれました。

 

外資系エージェントはそっけないイメージがありましたが、この担当の方は当たりでした。

 

なお、私の後輩がマイケルペイジ経由で有力ベンチャー企業に転職していました。

 

マイケルペイジの取り扱い求人情報は幅が広いです。

 

www.career-rule.com