転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

高年収の外資系企業への転職を可能にするエージェントTop5 | 成功者だけ知っている

f:id:Brandeis:20190309105834j:plain

高年収の外資系企業に転職するために使うべき転職エージェントランキング

アマゾン、ジョンソンエンドジョンソン、IBM等の著名企業への転職成功者の証言を元に作成しました。

(2019年10月5日更新)

1位 ロバート・ウォルターズ

一番案件数が多いと思いますので、外資系企業への転職を考えるなら相談する価値はあります。他にはないロバート・ウォルターズ限定の優良案件を持っていたりすることもちらほらあります。日系企業の求人情報もあります。

日本人の担当者もいます。外国人もいます。

欠点は、対応がいいかげんだと感じられるところです。私に ロバート・ウォルターズを勧めてくれた人も、「ロバート・ウォルターズはいいのあるんだけど、対応がひどいんだよな」と言っていました。

ただ、対応が悪い、といっても担当が怖かったり感じが悪いわけではありません。むしろロバート・ウォルターズの担当の方はみんな感じのいい方です。

事務処理が雑だなぁと感じるのが原因です。

 

とはいえ、欠点を補ってあまりある良い案件を持っていますので、おすすめです。

また、エンワールドのように応募者を貶める態度をロバート・ウォルターズの方は取ってきません。

 

▶ ロバート・ウォルターズ
  www.career-rule.com

 

 

2位 LinkedIn

外資系就活には欠かせないリンクトイン(LinkedIn)(有元美津世『(MP3音声&ワークシート付き)新 面接の英語』(ジャパンタイムズ、2016年)21ページ)

 

LinkedIn(リンクトイン)は、Facebookのようなもので、転職エージェントではありません。しかし、外資系企業に転職しようとしているならばかなり使えます。

 

リンクトインに登録し、「転職に関心がある」という状態にしておくと、外国人の転職エージェントからけっこう声がかかります。

 

日本語のネットで「法務 転職エージェント」と調べていては発見できない転職エージェントがたくさんいます。リンクトインを使えば、それらをけっこう補足できます。

 

法律事務所からGAFAの一つに転職した弁護士が、「外資系企業に転職したいのならリンクトインを始めない理由がわからない」と言っていました。

 

外資系転職にはリンクトインです。 

 

 

3位 JACリクルートメント

正確には、JAC リクルートメントインターナショナルなのですが、JACリクルートメントに登録すれば同時にインターナショナルの方にも登録できます。

 

ロバート・ウォルターズほどの案件数はないのですが、ちらほらと求人情報が来ます。ロバート・ウォルターズにない案件もあるので、外資系求人情報をより多く獲得するのにあってよいエージェントです。JACリクルートメントに登録すればまとめて案件情報が得られるので悪くありません。 

 

houmuwork.hatenablog.com

 

 

4位 ロバート・ハーフ

知り合いの海外MBAホルダー(本当に多数の転職エージェントとのやりとりがある人)が、「ロバート・ハーフはたまにしか案件を紹介してこないが、いい案件を持ってくる」「相談で一番頼りにしている」と評していました。

 

私も会いましたが、ここは結局どこも紹介してこなかったです。私の経験上言えるのは押し売りしてくることはない、ということです。

 

 

5位 ランスタッド

世界最大級の総合人材サービス会社だけあって紹介してもらえた案件数は多めでした。

私は電話でエージェントと話しましたが、1時間くらいどんな仕事がいいのかとか丁寧に相談に乗ってもらえました。

 

 

***法務向け***

法務の外資系企業への転職であれば以下の転職エージェントもおすすめです。

 

Just Legal

法務専門の外資系転職エージェント。日本での活動期間もなかなか長い。知る人ぞ知る人材紹介会社です。

私の担当者は外国人でしたが、日本人スタッフもいます。

 

エイパス

ここは法務転職専門の人材紹介会社です。外資系専門というわけではありません。しかし、外資系求人に強みがあります。

規模が小さいので求人数は多くはありませんが、思わぬ優良案件が紹介されることがあります。 

houmuwork.hatenablog.com

 

 

 

****選外****

以前は以下のとおりdodaも勧めていました。しかし、案件数が少ないため除外しました。

doda

ここをおすすめするのはJACリクルートメントとほぼ同じ理由です。dodaに登録すればまとめて、Bilingual Recruitment Solutions(BRS)という人材紹介部署に登録できるのです。

 

BRSの担当者と電話で話て若干しつこかった。

 

houmuwork.hatenablog.com