パワポを使わないAmazon流会議には優れた文章力が必要 | 6ページメモ

  • URL Copied!

(2021年8月12日改訂)

アマゾンの取締役会は、パワポは使わず、会議冒頭30分は6ページの文書を全員静かに読んでから議論開始。

一部では有名(?)なアマゾンの会議方式。

その会議についてアマゾン創業者のジェフ・ベゾスは、2017年の株主向け手紙の中で”Six-Page Narratives”として紹介しています。

ジェフ・ベゾスは、その中でパワーポイントの弊害等のパワポ自体についてはほぼ何も語っていません。

また、アマゾンの会議がどうであるかも実はあまり説明していません。

では何を説明しているのか?

よい文章とは何たるかが入念に書かれています。

ベゾスの説くアマゾン流会議には良い文書(文章)が重要だからです。

本記事では、そのベゾスの言葉を紹介します。

リモートワークが増えてメール等の文字情報の重要性が高まる現在では、きちんと言いたいことを伝えられる文章力がより重宝されます。

世界最高峰のビジネス文章術をベゾスの手紙から学びましょう。

目次

1 世界1位の金持ちAmazonジェフ・ベゾスの考える文章力

本記事のまとめは以下のとおりです。

  • アマゾンではパワポを使わず、6ページメモを使う
  • 良い文書は会議を実りあるものにする
  • 良い文書の構成要素はベゾスもわからない
  • しかし、誰もがよい文書と思うものはある
  • 良い文書は時間をかけて作られるものだ。数日や数時間でできると誤解すべきではない。 
ベゾス・レター:アマゾンに学ぶ14ヵ条の成長原則

アマゾン創業者のジェフ・ベゾスは2021年の世界長者番付で1位となり、4年連続で1位でした。

そんな世界一位の金持ちビジネスマンが説くビジネス文書の秘訣を知りたくないですか?

ベゾスはかなり熱く文章作成について語っています。

2 「パワーポイントを使わない」アマゾン式文章術

「アマゾンではパワーポイントをプレゼンで使わない」

We don’t do PowerPoint (or any other slide-oriented) presentations at Amazon.

このような断定からベゾスの説明は始まります。

読み手を引き込む書き出しです。

パワーポイント使わないなら、何を使うのか?

それに対する答からベゾスのメモが続きます。

「その代わりに、私たちはストーリー仕立てに構造化された6ページメモを書く」

Instead, we write narratively structured six-page memos.

ただのメモではないのです。

「6ページ」の”narratively structured”なメモです。

narrativeとは、describing events or telling a story、つまり「物語」を意味します。

どんな構造なのかは説明されていません。気になります。

3 アマゾンの会議冒頭は全員で静かに文書を黙読

会議のためにパワポを使わない。6ページのメモ(文書)を使う。

どう使うのか。

ベゾスはこう説明します。

「各会議のはじめに、「学習ホール」であるかのように文書を黙読します。」

We silently read one at the beginning of each meeting in a kind of “study hall.”

ただ「読む」わけですね。 

アマゾン式の会議方式は、「JPモルガン流効率的会議術」で紹介したJPモルガンCEOのジェイミー・ダイモンが会議のポイントとしてあげたうち、以下2つと相性が良さそうです。

  1. よく練られ、特定された議題
  2. 資料は事前配布

4 アマゾン式会議のポイントを誤解してはならない

以下のポイントが「アマゾン式会議らしいぞ」と説明されることをよく聞きます。

(ポイント)

  • アマゾンではパワポを使わない
  • アマゾンではパワポの代わりに文章を書いて会議をする
  • アマゾンでは会議冒頭で文章を全員で黙読してから議論に移る

ちょっと待った!

ジェフ・ベゾスは、この株主への手紙の中で、その後に「良いメモ/悪いメモ」について熱く説明しています。

わかりにくい文章や、スカスカの中身のない文書をみんなで読んでも意味がない。

アマゾン式会議を志向するならば、「良いメモ」とは何か、を考えるべきです。

会議の冒頭という大事な時間を使うのですから、「きちんと伝わる文章」であることが重要です。

あなたの職場でアマゾン式会議は実施できますか?

文書だけできちんと自分のアイデアを他人に伝わるように説明できますか? 

ウォーレン・バフェットは、2020年12月にネブラスカ大学リンカーン校の卒業生に向けたアドバイスの中でコミュニケーションスキルを高めることを説き、文章力を身につけることが大切と言っています。

コミュニケーション能力を磨くことはとても重要です。 文章が上手に書けるようにならなければなりませんし、会話も上手にできなければなりません。

I would say that’s, what’s very important and that is developing communication skills. I mean, you’ve got to be able to write well, and you’ve got to be able to talk well

-Warren Buffett