M&A仲介会社の年収やオフィス豪華度比較 | 転職するならどこがいい?

M&A仲介 年収
  • URLをコピーしました!

M&A仲介会社のうち、上場会社の年収、平均勤続年数、オフィス等を比較します。

有価証券報告書等の開示資料から分析してみます。

上場6社の概要は以下のとおりです。

スクロールできます
日本MAMAキャピタルストライク名南MAオンデックM&A総研
商号(株)日本M&AセンターホールディングスM&Aキャピタルパートナーズ(株)(株)ストライク名南M&A(株)(株)オンデック株式会社M&A総合研究所
銘柄コード212760806196707673609552
決算期3月9月9月9月11月9月
設立1991年2005年1997年2014年2007年2018年
従業員数972人
(2022.3)
222人
(2021.9)
191人
(2021.9)
40人
(2021.8)
38人
(2021.11)
49人
売上高404億円
(2022.3)
151億円
(2021.9)
90億円
(2021.9)
13億円
(2021.9)
7.7億円
(2021.11)
13億円
(2021.9)

本記事では、主に上位3社に焦点を当てて検討します。

目次

M&A仲介上場6社の平均年収ランキング:1位のM&Aキャピタルパートナーズは2688万円

2021年と2020年の平均年間給与ランキングは以下のとおりです。

順位会社2020年2021年
1位MAキャピタル2269万円2688万円
2位ストライク1375万円1432万円
3位日本MA1353万円1243万円
4位名南MA774万円727万円
5位オンデック746万円720万円
6位MA総研開示資料無し686万円

上位3社と下位3位とは大きな差があります。

MAキャピタルは突出している。

そんな傾向が見て取れます。

某社についての年収と厳しさについてのツイートがありました。

https://twitter.com/Yoheibanker/status/1580186016111288321?s=20&t=MRMyRNIwVHV_dcGr5Lh98Q

「ノロマが厳しすぎる」とは、きっと動きの鈍い上司がすごい厳しかったということでしょう。

2週間でドロップって何があったんでしょう。

多くの社員は年収1000万円に届かず、一部の稼ぎ屋が平均を押し上げているのかもしれませんね。

M&A仲介会社は他業界に比べると高年収です。

日本MA、MAキャピタル、ストライクの平均年収推移

上位3社についての平均年収推移を見てみます。

昔から平均年収が高いのか、最近高くなってきているのか。

201620172018201920202021
日本MA1237万円1418万円1319万円1413万円1353万円1243万円
MAキャピタル1905万円2994万円2478万円3109万円2269万円2688万円
ストライク1616万円1771万円1539万円1343万円1375万円1432万円

MAキャピタルは過去に平均で3000万円を超えたことがある。

日本MAとストライクが安く見えてきてしまいます。

しかし日本企業で平均年間給与が1000万円を超えるところはほとんどありませんので、この3社は群を抜いて高給な会社群です。

高給のM&A仲介会社で働く際のデメリット

平均年収の高さという夢を見たところで、早めに現実を見ましょう。

仲介会社がそんなにいいならみんな仲介会社に殺到するはずですが、そうではないはず。

仲介会社の良くない点とは。

成果主義がきつい

給料が高いM&A仲介会社の特徴は成果主義です。

大きな規模の案件をたくさん成約させて多く手数料をとることでそれが給料に跳ね返ります。

このM&Aの中身がどんなものかよく考えずにサバサバと笑顔で案件を進める厚顔無恥な営業気質の人が向いているはずです。

会社内の儲かっている人とそうでない人の格差はあるはずであり、幹部からの突き上げや競争に疲れる人もいるでしょう。

時間的ストレス

M&Aは、案件が佳境に差し掛かると非常に忙しくなります。

複数件が立て込んだりすれば極めて多忙になりますし、それが続くとなると負荷はそれなりのものになります。

また、M&A仲介会社の給料は高いですが、忙しくなければ高くならないはずであり、高給は身体的・精神的負担の対価であり、高給を得ている平社員は文字どおり身を削っていると考えられます。

M&Aそれ自体あれこれ手続きがあって忙しいですが、会社が売上を上げるという観点から社員にかかるストレスも見逃せません。

「早く進めろ」と会社は社員に圧力をかける構造的インセンティブがM&A仲介ビジネスには存在します。

案件が完了しないとM&A仲介業者は売上を計上できないからです。

たとえば、ストライクは、有価証券報告書で「対処すべき課題」として「案件の進捗管理」をあげています。

業績目標を達成する上では、個々案件の成約に向けた進捗管理が重要な課題になると認識しておりますが、案件の成約時期については、譲渡希望先と買収候補先のそれぞれの意向や意思決定手続等により左右され、当社で完全にコントロールできない面もあります。また最近では、譲渡希望先と買収候補先のいずれかが大企業となるケースも増えており、以前に比べると成約までの期間が長期化する傾向にあります。
当社では、コンサルタントが成約目標時期を譲渡希望先と買収候補先に示すとともに、当事者の意思決定プロセスも考慮し、スケジュール化することで、成約までの期間がさらに長期化することのないよう努めております。また全案件の進捗管理のため、毎週、案件の進捗状況を把握し、必要に応じた対策を図るようにしております。さらに、会計・法律などの専門家で構成された業務支援部を設置し、コンサルタントをサポートするとともに、専門知識が必要となる高度ないし複雑な案件も成約できる支援体制を整備しております。
これらの施策により、案件の進捗管理は徐々に改善されておりますが、さらに改善の余地はあると考えており、また、進捗管理の対象となる案件数も増加傾向にあることから、継続的に管理体制の見直しに努めてまいります。

ストライク有価証券報告書2021.9

仲介会社の中で優秀とされる社員は、顧客に寄り添って「重大な決断ですから、ゆっくりよく考えて迷っていいですよ。無理して決断しないでもかまいません」というようなことを言う人ではありません。

買うなら今でしょ、という林先生のようなせっかちタイプで素早く案件をまとめる社員の方が売上をあげられます。

「速く、早く」が至上主義とされる文化であると思われます。

MAキャピタルの平均年収は2000万円超ですからね。のんびりなはずがない。

当社は両者のマッチングが円滑に進み、早期に成約に至るよう取り組んでおり

ストライク有価証券報告書2021.9

案件紹介先に低姿勢でなければいけない

どの会社も金融機関から案件紹介を受けており、紹介料を支払っています。

たとえば、ストライクは買掛金の相手先として以下会社を有価証券報告書に記載しています(2021年9月期)。

  • ㈱エスネットワークス
  • 野村證券㈱
  • SMBC日興証券㈱
  • ㈱京葉銀キャピタル&コンサルティング
  • ㈱みなと銀行

金融機関は相対的に見て相手にするのはストレスな会社だと思います。

コンプラなんて知らねえぜという荒くれものの建設業界や、自分達を王様か何かと思い込んでいる病院といった群とならんで金にアグレッシブな金融機関も私はあまり相手にしたくありません。わらわらと不合理なクレームを述べてくる個人相手も辛いです。

平均勤続年数と平均年齢

M&A仲介会社は人材流動性が高く大変そうです。

それをチェックするために上位3社の平均勤続年数と平均年齢を有価証券報告書からまとめてみます。

平均勤続年数

日本MA、MAキャピタル、ストライクの平均勤続年数は。

平均勤続年数(年)201620172018201920202021
日本MA3.83.94.13.83.53.4
MAキャピタル2.993.293.313.153.113.16
ストライク3.63.12.52.32.62.5

どの会社もさすがに平均勤続年数が短いですね。

ストライクがとりわけ短い。前述のツイートに出てきた短期ドロップ組はけっこういるのかもしれません。

ただ、新しい人をガンガン雇うと平均勤続年数は低い数値が出ます。そこで、各社の従業員数の推移も見てみましょう。

従業員数(人)* (前年比)201620172018201920202021
日本MA266 (+32.8%)295 (+11.1%)357 (+21.0%)484 (+35.6%)617 (+25.7%)843 (+36.6%)
MAキャピタル50 (+31.6%)115 (+130%)143 (+24.3)169 (+18.2%)199 (+17.8%)222 (+11.6%)
ストライク39 (+30.0%)56 (+43.6%)86 (+52.7%)132 (+53.8%)152 (+15.2%)205 (35.3%)
*臨時雇用者数は2人で1人として従業員数にカウント

どの会社もすごい勢いで従業員が増えています。

業績好調なのが従業員数の伸びに現れています。

平均勤続年数が短いのは、採用人数が多いというのは大きな要因になっていると見て取れます。

MAキャピタルは2017年に130%増と従業員数が急増していますが、その後は順調に増えているとはいえなだらかになっています。

平均年齢

どの会社も人をたくさんとって勢いがある感じがしますので、平均年齢は若そうです。

平均年齢(歳)201620172018201920202021
日本MA34.733.535.735.134.734.3
MAキャピタル31.131.531.331.231.432.2
ストライク34.935.036.234.835.535.3

MAキャピタルの平均年齢が若い。MAキャピタルは若くして稼げる会社だということです。

日本MAとストライクは同じくらいですね。

最高給のMAキャピタルに転職したいなら、年齢が高くなるとそれなりのバックグラウンドが求められるので、若いうちに早めに動かねばならないようです。

M&A仲介上場会社のオフィスが入居しているビル対決:上位3社は東京駅近辺豪華ビルで火花を散らしている

次はやや平和な話題です。

M&A仲介は基本的にテレワーク不可なようですが、どんなオフィスで働くことになるのでしょうか。

MAキャピタル本社オフィスが入居する(2022年末まで)グラントウキョウノースタワー(MAキャピタル決算説明資料2019.9より)
本社ビル月額賃料本社従業員数
(臨時雇用者は半分にして加算)
オフィス高級度(1人当たり月額家賃)出所
日本MA東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
鉃鋼ビルディング 24階
3639万円551人6.6万円有報2022.3
MAキャピタル東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー38階*2398万円150人16万円有報2021.9
ストライク東京都千代田区大手町1丁目2番1号 三井物産ビル15階2112万円163人13万円有報2021.9
名南MA名古屋市中村区名駅1-1-1
JPタワー名古屋34階
317万円37人8.5万円有報2021.9
オンデック大阪府大阪市中央区備後町3-4-1
備後町山口玄ビル3F
207万円23人9万円有報2021.11
MA総研東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワーN館17階
**

* MAキャピタルは、本社オフィスを2023年1月1日から東京都中央区八重洲二丁目100番(地番) 東京ミッドタウン八重洲 A-1街区 36階に移転予定。

**MA総研は増床したりしているので除外。

日本MAとMAキャピタルはお隣のビルですね。東京駅八重洲口側を出てすぐ。

日本MAは家賃は高いですが、MAキャピタルとストライクに比べると社員が多いので、1人当たりの家賃は安めになっています。

金額から推計すると、従業員1人当たりの家賃はMAキャピタルのオフィスが一番高く、一番豪華なのかもしれません。

「どうせ高給取りなら派手な豪華ビルがいいぜ!」という考えでM&A仲介会社に就職したい人には上位3社がおすすめです。場所も丸の内、大手町、八重洲とお高いところです。

名古屋本社の名南MAと大阪本社のオンデックは東京に比べると家賃が安めに感じますが、上位3社の家賃が高すぎるのでしょうがない。

ちなみに名南MAの本社ビルは立派です。名古屋の勝ち組ビル。

さらにちなみに、オンデックの東京のオフィスの永田町の合人社のビルはお世辞にもかっこいいビルとは言えません。M&A仲介会社への転職希望で、東京勤務でかっこいいビルに通勤したい人にはオンデックは勧められません。

M&A仲介会社に転職するために必要なものは営業力だ

若手ハイクラス向け転職サイトである『VIEW』会員向けのセミナーとして開催された「M&A仲介への未経験からの転職セミナー」に参加してみました。

簡単に結論を言うと、M&A仲介会社への転職で求められるのは、売り込みの能力、売上をあげられる営業力です。

M&Aやビジネスの知識は求められていません。

当該セミナーの中で「面接でよく出てくる専門用語3つ」が以下のとおり紹介されていました。

VIEW「M&A仲介への未経験からの転職セミナー」より

全然中身のない用語ばかりですので、M&A仲介会社への転職面接の際にはM&A業務バックグラウンドはほとんど求められていないといえそうです。

M&A仲介ビジネスで大切なことはマッチングさせることですのでM&A知識はなんとなくでも大丈夫。

M&A仲介会社に転職するための転職エージェント

  • 給料が高いM&A仲介会社への転職に興味がある。
  • なんかM&Aかっこいい。
  • M&Aキャピタルパートナーズで2000万円稼げたらなあ。

こんなことを考えているM&A仲介会社への転職希望者へのおすすめの転職エージェント。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

大手人材会社であるアデコの転職エージェントサービスであるSpring転職エージェントの求人リストにはM&Aキャピタルパートナーズが記載されていました。

弁護士求人でしたが、年収マックスは2000万円近かったです。

さすがM&Aキャピタルパートナーズ。バックオフィスでも高年収。

数が少ないM&Aキャピタルパートナーズのバックオフィス求人を扱うとはMAキャピタルとのコネがあるに違いない。

Spring転職エージェント

ビズリーチ

ビズリーチエグゼクティブ転職

Spring転職エージェント以外の転職エージェントでM&A仲介会社の紹介をしてきた会社が私には見つけられなかったため、転職サイトであるビズリーチをあげておきます。

ビズリーチであればM&A仲介会社への転職情報を持っている転職エージェントから声がかかります。

ビズリーチのポイント

  • 登録は無料
  • エグゼクティブサーチ含めたくさんの転職エージェントから声がかかって効率的
  • 高額案件を見つけやすい 

▼公式サイトはこちら

▼ビズリーチ関連記事

リクルートダイレクトスカウト

CAREERCARVER
ハイクラス転職ならリクルートダイレクトスカウト

リクルートが運営するビズリーチと同様の転職サイト。

ビズリーチのデメリットは、一部有料会員ではないと機能制限があるところです。

リクルートダイレクトスカウトは、ビズリーチより登録エージェント数は少ないはずですが無料会員でも機能制限がありません。

とりあえずビズリーチとリクルートダイレクトスカウト両方で登録して、なるべくお金がかからない方で進めるのが節約できておすすめです。

▼公式サイトはこちら

▼ビズリーチリクルートダイレクトスカウトの上手な使い方は以下記事をお読みください。

VIEW

VIEWは、若手ハイクラスに特化した転職エージェントからスカウトが届くスマホアプリの転職サイトです。

AIが経歴と価値観から天職を診断してくれる、日本初のAIキャリアシミュレーションサービスを無料で提供しています。

未経験からのM&A仲介会社への転職セミナーを開催しており、模擬面接をセミナー中に実施していたことから、M&A仲介会社への転職に強みがあることがうかがえます。

AIキャリアシミュレーションをしつつ、

▼公式サイトはこちら

M&A仲介 年収

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次