転職キャリアルール

外資系企業勤務弁護士サラリーマン弁護士による転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

KANAEアソシエイツの評判・口コミを知りたい人向けの転職相談体験談

KANAEアソシエイツ

転職エージェントKANAEアソシエイツに相談に行ってみた感想

KANAEアソシエイツは、すごい高額案件があるのかな?!と思って相談にいったけれども、そうではありませんでした。

期待しすぎはよくありません。

相性が悪かった。

1 KANAEアソシエイツが紹介してくれた求人数はとても少なかった

面談に行って、2件か3件しか求人を紹介してくれませんでした。

 

「応募者であるお前の価値がないからだ」と反論がありそうな件数です。

 

しかし、同時期に行った他のどの転職エージェントよりも数が少なかった。。

 

2,3件でも珠玉の求人案件であればよかったのですが。そんなこともありませんでした。

 

給料が特別高いとか、KANAEアソシエイツでないと出会えない求人であったとか、そんなことはありませんでした。

 

リクルートエージェントやdodaといった大手転職エージェントではなく、KANAEアソシエイツのようなところに登録して相談に行くというのは、「大手にはない何か隠し玉のようなお宝求人を持ってるだろ」というような期待を持っていくのですが、その期待には全く応えてくれませんでした。

 

しかし、そんな期待を勝手にしたのがよくなかったのです。

 

中小転職エージェントの手持ち求人案件数が大手より少ないのは当然です。

 

 

では、KANAEアソシエイツはどんなときに利用するべきか?

 

それは、KANAEアソシエイツしかない求人を持っていた時や、信頼できる担当者がついた時だと思います。

 

それこそが中小転職エージェントのよい起用法です。 

www.career-rule.com

 

 

2 KANAEアソシエイツはやたら声をかけてくる

KANAEアソシエイツの転職エージェントは、ビズリーチでよく声をかけてきます。

また、何年も前に1度相談に行ったきりで面談のことなんか覚えてないはずなのに、たまに「お世話になっております」と言ってメールしてきます。

 

KANAEアソシエイツの人は、相手がどんな応募者なのかよくわからずに「この求人案件どうでしょう」と求人案件を投げかけてきます。

 

ウェブサイトを見ると高度金融人材の転職を手掛けている感を出しているのですが、その割に実際の応募者勧誘は手当たりばったりな感じがします。

 

 

3 KANAEアソシエイツとの面談体験談

KANAEアソシエイツは応募者がどんな人かよく考えもせずに「面談しませんか」と言ってくる。

 

そのツケが面談で来ました。

 

エージェントとの面談であまり話すことがなく、シーンとしてしまったのです。

それも何度も。

 

エージェントの方は全然悪い感じはしませんでした。

 

KANAEアソシエイツのオフィスはきれいでいい感じです。

 

でも、話題があまりないのです。

 

私は法務職での転職を希望していました。KANAEアソシエイツとの面談にも、法務求人情報があると聞いて相談に伺いました。

 

しかし、前述したとおり、法務求人情報はあまりなかったのです。

 

しかも、KANAEアソシエイツは別に法務求人に強いわけでもありません。

 

具体的な求人数が少なく、法務転職についての話題もなければ自然とシーンとなるのは当然です。

 

自分が一体何をその転職エージェントに求めるのかはっきりさせなかったのがいけなかったです。

 

私の曖昧な転職エージェント起用がまずかった。 

www.career-rule.com

 

4 KANAEアソシエイツを頼らず使うべきであった転職エージェント

KANAEアソシエイツに行った頃の自分に勧める転職エージェントはどこなのか。

当時はリクルートキャリアには登録していました。リクルートエージェントは求人数が多いので登録は必須。

 

当時は、それなりにハイクラス転職求人案件をできるだけ多めに紹介してほしかった。とすると、大手で両面型転職エージェントのスタイルを取っているJACリクルートメントがおすすめになります。

 

JACリクルートメントは、大手ではありますが、各転職エージェントが各自企業に営業しにいっており、個人転職エージェントの集合体のようなスタイルです。

 

したがって、各分野の専門転職エージェントがいます。しかも人数も多い。

 

私がJACリクルートメントに相談に行ったときは、3~4人が入れ替わり面談に来てあれこれと求人情報を示してくれました。

www.career-rule.com

 

JACリクルートメントは、外資系や英語求人だけではありません。国内企業の方が求人を多く持っています。

 

JACリクルートメントに転職相談に行くと、求人件数は多く、高額年収の案件も多かったです。

 

ハイクラス転職狙いで、求人情報を多めに取りたいのであれば、KANAEアソシエイツよりもJACリクルートメントの方がよかった。  

www.career-rule.com

 

また、高額求人案件狙いであればロバート・ウォルターズもおすすめです。

ロバートウォルターズは、外資系企業案件が多いですが、国内企業もあります。 

www.career-rule.com

 

 

www.career-rule.com