転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

【発見】転職を成功させる人脈・コネを手に入れる驚くほど簡単な方法

f:id:Brandeis:20191006105057j:plain

転職で有用な"コネ"を手に入れる再現性あるやり方とは

希望の職場で働きたい。

そのためにはその職場に最初にあなたのことを知ってもらう必要があります。

知ってもらって初めて採用可能性が生まれます。

 

採用する企業との「接点」がなければ転職はできません。

その点、"コネ"は絶対的に必要です。

実は転職活動における最強のチャネルとは、媒体すらない究極のアナログチャネルです。それは、「人脈」です。

(和多田保『ブランディング転職術 (「自分」というオンリーワンの商品を高く売ろう!)』(スダンダーズ・プレス、2019年6月)78ページ)

 

そのコネをどう築くか。

「人脈広げるの、苦手。。」という人でも簡単にできる方法をおしえましょう。

 

転職エージェントを活用する

 

これが答えです。

 

この答えに気がついて「そうか!」と我ながら思い、【発見】と評価しています。

 

「ふざけるな!」という反応がありそうなのですが、まずは説明を読んでください。

(2019年11月10日改訂)

1 転職エージェントの持つ人脈・コネ・ネットワークは無視できない

人材紹介に特化して社会で受け入れられている転職エージェントの意義を考えてみましょう。

 

(1) 知らない人にはなかなか会ってくれない

f:id:Brandeis:20191006110645j:plain

知らない人から「会ってください」と言われたら、たいていの人は「えっ?」となって驚きます。

 

まして「採用してください」と知らない人から言われたら、採用する側は困ります。

 

紹介者を挟むとこれより断然うまくいきます。

 

大物にアポなしで直接に会った、という豪傑伝はしばしばネタになります。ネタになるのは、成功事例が少なくレアケースが過大評価されるからです。

 

人材採用のために転職エージェントに高い金を支払うのは喜ぶ企業は皆無です。

企業は自らのウェブサイトで中途入社を呼びかけていますし、近頃は企業が直接転職希望者に接触してくるケースもあります。インターネットの発展のおかげです。

 

私もアディダスその他の複数社から「面接来ませんか」との声が直接かかりました。 

www.career-rule.com

 

転職エージェントは使わないことにしている会社もあります。 

 

しかし、それでも人材紹介業が廃れないのは知らない人よりも紹介者を通して間接的に応募者を知る心地よさに由来するのでしょう。

 

(2) 多数の小企業の採用担当者とアクセス可能という転職エージェントの資産を利用する

転職エージェントは、個人の転職希望者には持ちえない最強の武器を持っています。企業採用担当者とのパイプです。

 

ある転職希望者が、三菱商事に転職したいと考えます。すべり止めとして、三井物産、住友商事、伊藤忠、丸紅も転職希望会社に入れるとしましょう。

 

「コネが大事だ!」と思っても、すぐにはコネは築けません。また、社員の誰かとコネがあるだけでは遠すぎます。採用に関係する人と知り合いにならなければなりません。

この5社との人脈を短期間で築くのは難しいです。

 

転職エージェントは、こうしたコネをすでに持っています。しかも、採用担当者とダイレクトにやりとりしています。それが本業であり、年中そればかりをやっています。

 

その転職エージェントのコネを使えばよいのです。

 

何をすればいいのか?

 

転職エージェントに相談に行けばいいのです。そうすれば多くの企業へ間接アクセスができるようになります。

 

人材紹介会社1社で足りない場合、複数社を回れば、手に入る応募先企業への間接アクセスは増えます。

 

(3) 人材紹介会社の持つブランド

大企業人材紹介会社のエージェントは得です。

なぜなら「株式会社リクルートキャリアのエージェントです」というように、その会社ブランドを活用してネットワークを広げていくことができるからです。

こうした大企業ではなくとも、中小の人材紹介会社はたくさんありますが、人材紹介会社という組織の後ろ盾を武器にコネクション拡張ができるのは大きいでしょう。

 

応募者は、単にこれを使えばいいだけです。

 

2 ネットワークを築くことは成功のカギ

「成功」を研究者が科学した本『ザ・フォーミュラ』では、成功するためにはネットワークが極めて重要であると結論づけています。

 

www.career-rule.com

  

誰にとっても成功するかどうかを決めるのは、地理ではなく、社会的なネットワークと仕事上のネットワークなのだ。そこには好機が溢れている。なぜならネットワークは、パワフルなハブによって―ネットワーキングが本当に得意な人たちによって―相互につながっているからだ。彼らのようなコネクターは、価値があると認めた相手や活動を、みずからの関係を使って支援する。他の人が見落とす好機を見つけ出すのがうまい。そして、自分が認めた相手や活動と好機とを結びつける(アルバート=ラズロ・バラバシ『ザ・フォーミュラ~科学が解き明かした「成功の普遍的法則」』(光文社、2019年)87ページ)。

 

転職では、転職希望者のパフォーマンスは、測定が困難です。このようなパフォーマンス測定困難な分野こそ、ネットワークが必要なのです。つまり、転職ではネットワークが重要です。

 

上記引用を人材紹介会社を使った転職について言い換えるとこうなります。

「転職が成功するかどうかを決めるのは、社会的なネットワークと仕事上のネットワークなのだ。そこには好機が溢れている。」

「なぜならネットワークは、転職エージェントというパワフルなハブによって―ネットワーキングが本当に得意でそれを金儲けに使っている人たちによって―転職希望者と求人を出す会社が相互につながっているからだ。」

「転職エージェントのようなコネクターは、転職市場価値があると認めた求職者を、みずからの関係を使って転職を支援する。人材紹介業者以外の人が見落とす好機(名もない求職者を転職させる機会)を見つけ出すのがうまい。そして、自分が認めた転職希望者と採用企業とを結びつける」

 

なんとなくどこかに転職しよう、ではなかなかうまくいきません。

 

3 怪しげなネットワークイベントに参加しなくてもよい

人脈、コネは自ら直接つかむものだ!という思いを持つ人もいると思います。

 

しかし、コネ作りは実際そんなにうまくいきませんし、うまくできたとしても時間がかかります。すぐ転職したい人には人脈を広げる活動をする暇はないはずです。

 

また、そういうネットワーキングが嫌いな人もたくさんいます。私も弁護士として仕事をもらえないかな、と期待して色々なネットワーキングイベントに参加したこともあります。私はそうした働きかけは得意ではなく、疲れてしまいました。

 

また、名刺もたくさん交換しましたが、それから連絡を取り合うこともないほぼ無意味な名刺が蓄積されていきました。

 

それより重要なのは、質の良いコネクションであると思っています。

 

これらの人脈は、転職に必ずしも役に立つわけではありません。自分の太いパイプがある人からよい仕事を紹介してもらえればよいのですが、そうそう都合よくそんな紹介は来ません。

 

これに比べ、転職エージェントへの相談は、誰にでも転職に直結するコネクション拡張の機会を与えてくれるのです。

 

 

4 簡単かつ無料で必要な人脈を手に入れられるのが転職エージェントのよいところ

転職エージェントを活用した企業へのコネの取得は極めて簡単です。

 

人材紹介会社に登録して転職エージェントに相談すればいいのです。

 

よっぽどその会社との相性が合わない場合を除いて、人材紹介会社は喜んで会ってくれます。

人材紹介会社にとっても、求職者というネットワークを広げるチャンスだからです。

 

紹介だけして高い手数料を取る、ということで人材紹介会社にあまりよい印象を持ってない人もいると思います。企業の側でも同じような印象を持つことは多いでしょう。

 

しかし、その人材紹介会社のネットワークは、転職を成功させるうえでとても有用です。

 

*****

 

本記事では、「【発見】転職を成功させる人脈・コネを手に入れる驚くほど簡単な方法」と題して、成功にはネットワークが必要不可欠であるという研究結果をもとに、転職エージェントの転職における重要な機能を再評価してみました。

 

転職の際にゼロから自分で何もかもやってたら大変です。せっかく転職エージェントが使えるならできる限り有効活用すべきです。