転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

未経験者の戦略コンサル転職挑戦談

ビジネス経験の乏しい人(弁護士・法務含む)がコンサルティングファームに転職するには 戦略コンサル等に興味のある人は転職できるのか? 「その学歴でもいいんだ」 と思える人がボストン・コンサルティングに入社していたことを考えると、「できる」という…

【調査】転職のため高年収の儲かる職業の給料相場を知らずにはいられない

隣の会社員の給料はいくらなのか 高い給料がほしい。 そう考えるのであれば、どのような仕事でいくらくらいの給与事例があるのかを知っておくのは有益です。 平均も参考になりますが、事例はぜひ知りたいと思います。 東洋経済2019年9月28日号「あなたの転職…

司法修習生が就活を楽に効率よく無料でするには転職エージェント(人材紹介会社)を使えばいい

司法修習生も転職エージェント(人材紹介会社)を無料で使って就活ができる 司法試験合格後に就職活動をする弁護士希望の多くの方は、「就活大変だ」と感じていると思います。 応募先を探して、履歴書を準備して、メールで送ったりやりとりして、書類落ちにあ…

ザ・フォーミュラ科学が解き明かした成功の普遍的法則 | 書評・レビュー

最先端の科学的分析に基づく成功を掴むための確かな知識を授ける1冊 人生での成功とは何か、どうしたら成功することができるのか、過去の成功者達はどのようにそれを達成したのか、といった「成功」についてこれでもか!というくらいしつこく分析・研究をし…

インハウス弁護士で年収1000万円超は36%と判明

インハウスローヤー(企業内弁護士)の年収はいくらくらいなのか 企業に勤務する弁護士であるインハウスローヤーの年収の相場はいくらくらいでしょう。 インハウスローヤーの年収レンジで一番多いのは「750万円~1000万円」というのが、日本組織内弁護士協会…

本ブログのタイトルやニックネーム等を変更しました

これまでは法務転職のことだけを書いてきました。 しかし、ブログを読んでくださる人は法務関係以外の方も多い(むしろその方が多い)ようですので、法律家限定のブログではないことを明示したいと思いました。 そこで、2019年10月頃からはタイトルを次のと…

エゴンゼンダーに面談に行ってきました

エゴンゼンダーのコンサルタントから声がかかったので面談に行ってきた 世界的な企業統治・経営人材コンサルティング・ファーム/エグゼクティブ・サーチのエゴンゼンダーに面談に行ってきました。 その体験談です。 (2020年1月13日) エゴンゼンダーのコン…

プログリットは日経新聞紹介の英語コーチングスクール

日経新聞でプログリットがビジネスマン向け英語コーチとして紹介されていた 日本経済新聞2019年10月1日夕刊「学びの秋コーチと実践――英語・IT…計画を共有(Bizワザ)」という記事で、英語コーチを活用し、計画的に勉強する方法が説明され、そこでプログ…

転職内定後旅行の楽しさをまだ知らないの?

転職によりストレスフリー長期旅行の絶好の機会が手に入る 転職活動の結果、内定を取得し、現職場を辞める。その後、新職場に移るまでに自分でしばらくの余裕期間(あるいは現職場の有給消化期間)を設けて、旅行に行きましょう! これは転職しないと手に入…

法務転職で年収をアップさせる驚くほどシンプルな思考法

法務転職で年収1000万超を狙うシンプルな原則 法務部員が高年収を狙うにはどうしたらよいのか。 実力を付ける、弁護士資格を取る、留学する、英語を勉強する、といったような手段よりも直接的で簡単な話をします。 (2019年11月16日改訂) 法務転職で年収100…

9月10月は転職活動に最適な時期

いつ転職活動をはじめるか、今(9月・10月)でしょ! どの時期が転職活動におすすめか。9月、10月の今はまさしく転職活動をぼちぼち始めるのにおすすめなタイミングです。 いつ転職活動をはじめるか、今(9月・10月)でしょ! 1 転職決定数が年に2番目に多…

労働基準監督署があなたの会社を狙っている 書評・レビュー

河野順一『労働基準監督署があなたの会社を狙っている』(LABO(弁護士会館ブックセンター出版部、2018年) ) お勧め度:★★★★★ 労基署の立ち入り対応業務担当におすすめです。 著者の河野順一さんは、ベテランの社会保険労務士として人事・労務コンサルタント…

「あなた」という商品を高く売る方法 書評・レビュー

永井孝尚『「あなた」という商品を高く売る方法 キャリア戦略をマーケティングから考える』(NHK出版新書、2017年8月) お勧め度:★★ 抽象的、一般的な概念の説明が多く、面白くなかったです。残念。 本のタイトルにある「方法」についての説明は乏しいです…

司法試験勉強によるキャリアアップで選ぶべきおすすめ予備校講座はこれだ!

弁護士ではないが法務部に所属している、知識を身につけて成長したい、キャリアップを図りたいという人にはぜひ司法試験合格を目指して勉強してほしいと思います。

弁護士転職にMS-Japanはなぜ強いのか

MS-Japanは弁護士におすすめの転職エージェント MS-Japanは、「優良国内企業に転職したい・・・!」という法務人材、特に弁護士におすすめです。 弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】 (2019年11月4日改訂) MS-Japanは弁護士におすすめ…

未経験からの法務転職を難しくしない方法

未経験者の法務への転職は難しいのか 一定の要件を満たせば法務への転職は可能と見ています。 一定の要件は、簡単に言って以下2つです。 ①英語 ②法務経験 なぜこれらが必要かというと、企業法務部はこれを備えた人を中途採用しようとしているからです。 どの…

ビズリーチの転職サービスの感想 | 利用体験談

ビズリーチは多くの転職エージェントと出会える便利なサービスです。 1 ビズリーチは効率よく転職エージェントとマッチングしてくれるサービス 2 登録後最初の1か月で50人くらいのエージェント・会社からたくさん連絡が来て「自分は市場価値が高いかも」と…

司法試験不合格後の就活は法務狙いがよいのか

司法試験合格を諦めて就職するとしたらどの職種に就くべきなのか 就職先は2種類あります。 ①法務 ②法務以外 どちらにすべきかは人によります。 迷っている人は就活で両方応募して検討すべきです 検討材料となる事情を以下説明します。 (*2019年9月18日に加…

転職で後悔しないための普通とは少し違う判断基準

転職エージェントが教えてくれない職場選びに失敗しないための考慮要素は人事制度 無条件で新卒プロパーの方が有利な企業に中途で入るとロクなことがありません。 転職先の会社の人事制度は過去の遺物をそのままにしているか、人材採用をより精緻化させよう…

転職市場では給料増の追い風が吹いている

転職したら給料が上がるのだろうか。 転職で給料がアップすることは多数派な時代になっています。 それはデータから裏付けられます。 「転職で賃金増、最大の37%に、昨年、日本型雇用変化の兆し。」という2019年8月22日の日本経済新聞朝刊の記事をベース…

転職で給料を上げる鉄則

転職で年収アップを簡単・確実に実現させるためのテクニックとは 今より給料が100万円増えたらうれしくないですか? 私は2回転職して2回とも年収が25%以上アップしました。そのうち1回は50%近くアップしています。 再現性のある、誰でもできる転職による給…

弁護士転職エージェント本音の評判集

ぶっちゃけ実際に使ってみてよかった弁護士の転職エージェントってどこよ? 弁護士として多数の転職エージェントを使った経験をもとに、各社について私の直感的な口コミまとめを作りました。感想重視の内容です。SからBで主観評価も付けました。 (2020年1月…

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法 書評・レビュー

お勧め度:★★★★★ 仕事辞めて転職しようかな、転職にあたってどんなことを考えたらいいだろうか、転職先の企業はどうやって選べばいいのか、こうした問いに答える「転職の思考法」を説く本です。 内容はとてもよく、面白く読みやすいので、とてもいい本です。…

弁護士のインハウスローヤーへの転職理由はワークライフバランス52.3%と現場感49.4%

法律事務所勤務の弁護士が転職先として企業・インハウスを選ぶのはなぜか (2020年1月1日改訂) 弁護士は、法律事務所という特異な組織にいてこそ、その社会的地位を保てると考える人は多いと思います。法律事務所に所属する弁護士として特権階級のように感…

弁護士・法務からシンクタンクへの転職

法務職以外の職種や職場に就職したい、コツコツと調査、リサーチをする仕事がしたいという人にはシンクタンクへの転職は選択肢に入れることができます。私はシンクタンクから「リサーチャーとしての入社はどうか?」と聞かれたことがありますので、弁護士や…

仕事が辛くて行きたくないなら転職して幸せになりなさい

辛い仕事で無理する必要はなく転職を検討すべき 今、仕事がとても辛い人はそのまま続けてよいことがあるのでしょうか。 ブラック企業に居続けてしまうのは人の心理の不合理性のあらわれであることは別記事で紹介しました。 www.career-rule.com きつい仕事を…

辛い仕事を辞めない理由

この仕事は辛いと思い強烈なストレスを感じながらもなぜ辞められないのか 職場環境に不満を感じながらも転職せずに留まる。なぜそのような不合理な選択をしてしまうのか。 現在の仕事で不幸せに感じている人は、辞めない、辞められない理由を知り、転職を含…

ジュリナビキャリアで転職相談をした感想・体験談

法務特化型エージェント。案件数はそこそこあり、話もよく聞いてくれた。担当者の「私はすごい有能なんですよ」感がなければよかった。 1 法務転職を知っている 2 面談ではノートパソコンでしっかりメモをとっていた 3 話をよく聞いてくれた 4 「俺は知…

インハウスローヤー(企業内弁護士)の資格の要否

インハウスローヤーは企業内で働く際に弁護士資格が必要になるのか インハウスローヤーに弁護士資格が社内業務で必要になることはほとんどないというのが私の意見です。ただ、弁護士資格がなければ転職できない法務部や、有資格者が多くてそうではない法務部…

初めての転職相談おすすめエージェント4選

初めての転職相談をするのにおすすめのエージェントはどこか。転職をしたい、検討しようかなと思っている人が相談すべきエージェントのランキングトップ4を紹介。