転職キャリアルール

外資系企業勤務弁護士サラリーマン弁護士による転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

リクルートエージェント vs JACリクルートメント転職相談比較

リクルートエージェントとJACリクルートメント

転職するにはリクルートエージェントとJACリクルートメントのどちらに登録すべきか

どちらもいい大手でいい人材紹介会社なので、両方登録すべき。

しかし、これだと答えになりません。


どちらか1つしか選ばないのであれば、私はリクルートエージェントを推します。

リクルートエージェントの方が求人数が多いからです。

 

JACリクルートメントは大手ですが、リクルートエージェントに比べると、「通」向けの人材紹介会社です。

1 リクルーターエージェントとJACリクルートメントの比較

両社をそれぞれの要素に分けて対決させてみました。

(1) 求人数はリクルートエージェントが多い

リクルートエージェント

これはやはり最大手の強み。

そして、求人数の多さというのは、転職エージェントにとって最重要なポイントといえます。

求人数が少ないと、それ以外がどんな敏腕であっても人材紹介としてはいかんともしがたいです。

 

率直な中小規模の転職エージェントの担当者は、「うちは大手ほど求人数がないですが」と申し訳なさそうに言ってくることがあります。

求人数で魅力が劣ることは重々自覚しているのです。

 

しかし、取り扱い求人数を増やすのは人材紹介会社にとってそれほど用意ではありません。

会社から仕事をもらわないといけないからです。

人材紹介の仕事がもらえるのは、営業要員が多く、社会的知名度の高い会社の方が圧倒的に有利です。

そう。やはりリクルートエージェントは有利なのです。 

www.career-rule.com

 

他方で、JACリクルートメントがだめかというと、そうではありません。

JACリクルートメントも大手人材紹介会社です。取り扱い求人数は多いです。

ただ、リクルートエージェントと比較するとJACリクルートメントの方が少ない、ということになります。


(2) 転職希望者へのサポート・相談のしやすさもリクルートエージェントが優れている

無料の面接セミナーとか、使いやすいシステムとか、リクルートエージェントはさすがに最大手。

転職初心者でも安心なサポート体制です。

リクルートエージェントは、大手。人が多い、そうすると、忙しさも分散され、余裕があります。中小規模の転職エージェントは自分でやらなければならないことがより多く、忙しいです。転職希望者に向き合う時間、余裕が足りません。

 

リクルートエージェントは、企業から人材採用の依頼を取ってくる担当と、応募者の相談に乗るスタッフがわかれています。大手の取るスタイルです。

 

JACリクルートメントは、各担当者が、自分で企業から仕事を取ってくると同時に、転職希望者対応も両方します。

JACスタイルの方が、転職エージェントにとって真のクライアントである企業の意向を重視しがちです。転職エージェントは、企業からお金をもらいます。そして、企業は将来も繰り返し仕事をくれます。応募者は実は「客」ではありません。

リクルートエージェントであれば、企業に営業をかけずに転職相談に特化したスタッフがおり、そのスタッフは営業担当よりも転職希望者に寄り添いやすい環境にあります。

www.career-rule.com

 

(3) JACリクルートメントでは掘り出し物求人に出会える

リクルートエージェントの求人には情報は、多くの転職希望者が殺到します。人気求人情報はあるものの、「掘り出し物」求人はありません。

 

JACリクルートメントは違います。各担当者が、企業をまわり、求人を取ってきます。そして、その求人情報に合う登録者に対し、個別で「応募しませんか?」と声をかけます。

担当者も、ダメ応募者を企業に勧めたくはありません。「この人なら内定を取る可能性がある」という人に応募を呼びかけます。

そうすると、ライバルが少ない良い求人情報に応募できるのです。

JACリクルートメントは大手なので、大手会社の信頼度を武器にして担当者が優良求人情報を獲得しやすい環境があります。

私の経験では、他の転職エージェントでは聞いたことのない有力ベンチャー企業の求人情報が「JACリクルートメントの独占案件」としてまわってきたことがありました。

 

優良掘り出し物求人情報に出会える可能性がある、というのがJACリクルートメントの良い点です。 

www.career-rule.com

 

 

(4) JACリクルートメントの採用決定力(押し込み力?)

リクルートエージェントのような分業型よりもJACリクルートメントの取る両面型の転職エージェントの方が、企業に採用を働きかける力は強いと思います。

両面型は、1人の担当者が企業と応募者両方を知っている、特に企業とパイプがあるため、分業型よりも強いプッシュが期待できます。

この「決定力の高さ」は、JACリクルートメントの社員の方が現に同社の強みであると説明していました。

JACリクルートメントに頼めば決定力の高さを活用できます。 

www.career-rule.com

 

2 JACリクルートメントとリクルートエージェントを併用していいとこ取り

リクルートエージェントで多くの求人情報を集め、ここぞという求人があればJACリクルートメントを使う、というような使い方がいいです。無料なので積極的に複数を使うべきです。

www.career-rule.com

 

それぞれ長所・短所がありますので、併用することで弱点を補ってよりよい転職活動ができます。

 

こうやってよく考えて転職活動をやっている人は少ないため、少し工夫するだけでよい転職につながります。

 

 ▼おすすめ転職エージェント一覧

www.career-rule.com