転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

キャリアカーバーで顧問契約を狙う

f:id:Brandeis:20190629191632j:plain

 リクルートのハイクラス限定転職サイトであるキャリアカーバーは、「顧問求人スカウトサービス」というサービスがあります。

 

これはライバルのビズリーチにはないサービスです。

 

キャリアカーバーに会員登録した後に、「顧問求人スカウトを受ける」という設定にしておけば、登録者の情報を見て「顧問になりませんか?」というスカウトがヘッドハンターから来る(可能性がある)というサービスです。

 

副業/複業によい

キャリアカーバーでは次のとおり説明しています。

求人企業では、長年培ってきた知識・経験を生かして企業を支援する「顧問」人材が求められています。シニア層に限らず、若手・中堅のハイキャリア層が複業として業務委託で働くケースも増えています。

 

会社によっては、外部の知見、経験をもたらしてくれる人がほしいが、雇用まではしたくない場合も十分にあります。

顧問に就きたい側も、本業があるので転職まではちょっと、、でも自分の力を活かして収入を増やしたいというニーズもあるということのようです。

 

法務等の管理部門人材は顧問になりやすい

管理部門のスキルは会社問わず共通するものがありますので、他社で発揮できると思います。

 

弁護士には特におすすめか

私もついさきほど登録してみました。弁護士に「顧問弁護士になってください」というスカウトは届くのでしょうか。

  

 

 ▼キャリアカーバー