転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

法律事務所・会社と英語

f:id:Brandeis:20190413102937j:plain

英語を業務で使うか?

職場による、というのが答えですが、使うところは本当に使います。

 

私は、以下の職場を経験しています。

 

    ①英語を全く使わない法律事務所

    ②英語をしばしば使う法律事務所

    ③英語をしばしば使う会社

 

 

1 英語を使わない職場では英語は全く登場しない 

①英語を全く使わない法律事務所では、本当に英語を使いません。「スキーム」とかなんとかカタカナで言うくらいです。英文契約書もほぼ出てきません。

 

ひたすら国内の法務案件ばかりを取り扱っていました。

 

一般民事ではなく企業法務の事務所でしたので、よくわからない外国人の法律相談に乗ることはありませんでした。

 

企業法務に関しても、英語に関するものは依頼されておらず、触れる機会はありませんでした。

 

「英語は嫌だ」という弁護士は、こうした純粋国内法務の事務所がいいでしょう。こういう事務所はたくさんあります。

 

2 英語をしばしば使う職場では、日本語メインで英語を使うこともある 

(1) 法律事務所

②英語をしばしば使う法律事務所では、外資系のクライアントが多かったため、インバウンド案件で英語を使うことが多かったです。日系企業の海外進出のアウトバウンドはほぼありませんでした。

 

所内は日本人がほとんどでしたので、所内の言語は日本語です。所内の外国人と話すことはよくありました。

 

メールなどの文書の英語を添削してもらえてとても助かりました。クライアントとの会話ではなく、所内同僚との会話ということで無料英会話でしたので助かりました。

 

日本人主力の職場で外国人もいる、というところなら、そんなに英語に自信はないけどこれから身につけていきたい、という人におすすめです。

 

(2) 会社

③英語をしばしば使う会社では、社内外の外国人とのやり取りが多いです。メールが大多数を占めます。しゃべる機会は、社内会議が一番多いです。社外の外国人と話すのは、外国人弁護士が一番多いです。交渉では法務はあまりしゃべりませんし、あまり活躍の機会がありません。会社にもよると思います。

 

法律事務所と異なり、会社法務では英語の必要性が高いです。

 

会社に法務部を置いている企業は、大企業です。中小企業はコストセンターである法務部をあまり設置しません。

 

大企業は、多くが海外に進出しています。

 

したがって、会社法務部員は必然英語が必要になるのです。

 

 

3 転職で英語力があった方が有利

英語を使う職場に就職したいのであれば、英語力は間違いなく有利です。

 

そして、会社法務部を狙うのであれば、英語力は強力な武器になります。

 

スーパー英語力までは求められません。

 

日本人で海外バックグラウンドがない人の英語力はみんなそれほど大したことがありません。採用する側もそれは理解しています。「ペラペラ」「流暢」だけを採用すると採用に失敗します。誰もとれなくなってしまいます。

 

採用する側も英語だけでは取りたいと思っていません。

 

したがって、日系の職場で英語要のところに行く場合は、英語での業務に抵抗力がないことの方が重視されると思います。

TOEICが高得点でもそれほど業務向けの英語力が高いことを意味しないことも多いのですが、「英語への抵抗力の有無」の判別には、TOEICは有効かもしれません。

 

英語が重要ですよ、と言われている時代にもかかわらず、TOEICの点数が低い人が応募してきたら、「この人は英語耐性がないのかな」と思われると思います。

 

特に基準はないと思いますが、TOEIC700点未満の人は「英語嫌いです」「英語の業務?かんべんしてください」って言っているのと同じように感じます。

 

4 某商社法務求人で求められる英語力

パソナキャリア から最近某大手商社の法務部求人情報が届きました。「商社」と聞いて思い浮かべる3社のうちの1社です。

 

パソナキャリアは大手企業求人得意ですね。 houmuwork.hatenablog.com

 

そこの応募要件となっている英語力は、

 

TOEIC730点以上

 

です。

 

会社知名度、給料の割りにはそれほど大したものは求められていません。

 

「TOEIC730点でも高得点だよ…」

 

そう思われる人もいるかもしれません。

 

しかし、それはチャンスの証拠です。

 

「TOEIC730点でも高得点だよ…」と思う人が多いのであれば、TOEIC730点を取る人の価値はそれだけ相対的に高まります。

 

TOEIC730点は、司法試験に合格したり有名大学の入試に合格するよりはるかに簡単です。

 

それでもTOEIC高得点が重宝されるのは、「英語は苦手」とコンプレックスを持ってあまり英語力アップに身が入らない人が多いからでしょう。

 

英語が嫌いでなければ、英語力を身につけるのは法務転職で本当におすすめなキャリアアップ手段です。

 

5 英語力を上げたい人向けの英語コーチ

「英語大事。よし英会話スクールに行くぞ。」

 

このように

  英語をできるようにするにはとりあえず英会話スクール

と考える人はたくさんいます。

 

本当にたくさんいます。もはや常識というくらいのレベルです。

 

しかし、実際は単に英会話スクールに通ってもそんなにはレベルは上がりません。

 

私はネイティブとのマンツーマンレッスン30回コースに通ったことがあります。

ネイティブとの英会話には慣れました。しかし、あまり実力は上がりませんでした。たぶん100回行ってもそれほど変わらなかったと思います。

 

同じように50回以上通った30代弁護士も「いい学校だったけど、あまり力はつかなかった」と言っていました。

 

スクールの擁護をすると、「授業外の自習が本当に大切です」と説明していたところです。

 

結局は毎日のトレーニングで決まるのです。

 

では、どんなトレーニングをすればよいのか?

 

ほとんどの人にはわからないですよね。

 

なので、お金を支払って英語のトレーニングをしたいという人には、英語トレーニングのコーチングサービスをおすすめします。

 

 

(1) プログリット

会社員→弁護士→国会公務員→インハウス という華麗なキャリアを辿る私の知り合いが非常におすすめしていました。

英語コーチを複数検討してここに決めたそうです。

 

(2) 【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ

あのライザップも英語コーチサービスを提供しています。