転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

中小転職エージェントの長所と短所(高野秀敏『失敗しない!転職の技術』より)

 

 ▶ 大手転職エージェントの長所と短所(高野秀敏『失敗しない!転職の技術』より)

 

上記過去記事を裏から解説した内容です。

 

 

1 特定の分野に強みがある(法務転職に強みのある転職エージェントが存在する)

中小のエージェント会社にはそれぞれに個性があります。たとえば金融、製造、コンサルティング、ITなど、特定の業界に強いエージェント会社が多いことがいえます。特定の企業にのみ強く信頼され、人材採用を任されている会社もあるくらいです。

 

このブログのテーマ(弁護士・法務の転職)にあわせて言うと、

 

法務に強みのある転職エージェント会社がある

 

ということです。

 

また、業界に強み、というのも知っておいて損はない情報です。

 

企業法務事務所で、入所からずっとひたすら金融関連法務をやっている弁護士もいます。ストレスに耐えかねて転職したい弁護士も多いわけです。

 

しかし、ひたすら金融法務の仕事をアソシエイトに振り分けられる事務所の給料は高い。そこから普通の会社のインハウスローヤーになろうとすると、給料が低すぎて愕然とするわけです。

 

そんなときにそんな弁護士の心をなぐさめてくれるのが、金融業界への転職です。外資系金融だとさすがに給料が高い。弁護士も多い。ゴールドマンサックスとか弁護士多いですよ。

 

一部の企業の求人情報は大手エージェントにぽっとでてきたりしないので、「情報通エージェント」から求人情報を得る必要があるのです。

 

そんなときに、法務、外資、金融といった強みを持つ転職エージェントに依頼する必要が出てきます。

 

 

2 ある特定転職エージェントからだとある特定の会社に入社しやすい可能性がある

これが本当だとしたら耳より情報です。

 

特定のポジションに深く食い込んでいるエージェントは、その会社だけの案件をもっていることもあります。

それに、複数のエージェントが同じ企業の求人案件をもっているということもありますが、エージェントによってその会社に対する浸透度が違い、「入りやすさ」に影響することもあります。他のエージェントは人事部員面接からなのに、ある特定のエージェントから応募したらいきなり社長面接(最終)から始まった、というのはよくある話です。

 

ある特定の転職エージェントから応募するとすごい有利、というのが「よくある話」とは・・・。驚きです。

 

大手エージェント経由だと応募者が多いので、そうした特典を得られるとは限りません。ある企業のポジションについて複数のエージェントから応募できる場合、強みのありそうな小規模エージェントを狙いましょう。

 

 

 

 

houmuwork.hatenablog.com