転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

英語への慣れが実力低下をもたらす危険性

英語を使わない職場にいると、英語を使って仕事をしている人が遠い世界にいる人のように思えてしまいます。「その遠い世界の人になりたいから転職します」という志望動機はかなり危険です。

 

実際は英語を使っても遠い世界に行ったことにはなりません。使うだけではあまり上達しないようです。

 

日本人やその他の非英語圏の人達と英語でやりとりをすると安心します。みんなそんな英語が堪能ではないからです。「英語をしゃべる」というとネイティブレベルで問題なくしゃべりまくる姿を想像してしまうのですが、実際にはみんな猛烈に誤った文法でしゃべっています。

 

こんなレベルでいいんだ。

 

と安心するのですが、その安心が続くとそれはそれでよくありません。精神衛生上はよいのですが、惰性英語になれてしまって英語力が下がる可能性があるからです。間違った英語が定着してしまい、それでなんとかごまかせるようになってしまうおそれがあるからです。

 

いつも使う単語、フレーズを使い、おかしな文法でも誰からも特に指摘されないからそのままにする。ということが起きるのです。

 

自分の考えをできる限り正しく伝え、相手方の言いたいことをきちんと理解するために、高い英語力があるといいなあと思います。

 

転職するしないにかかわらず、英語を使って仕事をする機会がある以上、丁寧に英語力を上げていきたいと考えています。

 

仕事をしながら英語力を着実に上げる人が転職市場で評価されるのは間違いないと思います。そういう人は少数派のため、目立つ存在になれるのです。