転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

法務に英語力は不可欠(あると役に立つ)

当たり前なタイトルになってしまいました。海外案件で英語は重要です。

したがって、転職の際にも英語力は大きなポイントになることが多いです。

 

なお、海外案件だけでなく、国内案件でも英語が出てこないとは限りません。外資系クライアントが日本でビジネスをするので英語で説明する、家事事件でもクライアントに英語で説明しないとだめ、というケースはあります。国内M&A案件で、法務DDをしたら英語の文書が出てきた、というのもあります。

 

外国人の英語力が高いと助かる

外国人ならみんな英語が得意かというとそうではありません。ネイティブ以外にとっては英語も外国語ですので、みんなそれなりに苦労しています。

 

外国人と英語でやりとりをする際に、その外国人の英語力が高いと助かります。英語力がイマイチだと、やりにくいです。

 

メールもしゃべるのもよくわからん、ということはよくあります。

 

外国人の弁護士が英語がそれなりにできると有能な弁護士だなあという気になります。中国人の弁護士できちっと英語使って説明できる弁護士は日本人が持つイメージ「中国人は…」を払拭してくれました。

 

逆から考える。外国人から見て英語力の高い日本人は評価が高くなる

これは正しい。それなりに英語が出来ると評価されます。

片言の英語でよくわからないことをしゃべってくる日本人は賢そうに見えない(聞こえない)ので、信頼を得るのは難しいです。

外資系会社で外国人とやりとりするだけでなく、日系企業や法律事務所に働いていてもこの評価は作用します。

 

日本人からも評価される(コンプレックスのあらわれ?)

外国人だけでなく、日本人も見ています。日本人は自分が英語下手でも、他の人の英語がどうなのか聞き耳を立てています。

新卒や中途である部署に入って、もし英語で電話をするとしたらどうなると思いますか?

周りの人達は、その人のしゃべる英語に聞き耳を立てるのです。それも集中してです。シーンとなることもあります。その人がどんな英語をしゃべるか聞こうとしているのです。

 

 

純粋ドメスティック企業に固執しない限り、会社で法務をやっていこう、給与を高めていこうと思うのであれば、英語は必須です。

 

法律事務所であれば英語を避け続けることは可能です。案件を断ることもできるのが弁護士のよいところです。