転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

法務の仕事・転職・キャリア

法務転職用職務経歴書テンプレートの徹底比較と評価

転職エージェントが無料提供する弁護士・法務転職用職務経歴書テンプレートはどれがいいのかを検討してみた 弁護士・法務部員で転職を考えているが、職務経歴書を用意するのが面倒だ…! そう思う人(自分もそうです)向けに無料で入手できる法務用職務経歴書…

弁護士・法務からコンサルへの転職

弁護士・法務パーソンがコンサルティングファームに転職するには マッキンゼーなどの戦略コンサル等に興味のある法務パーソンは転職できるのか? もちろんできます。できない理由がありません。 転職エージェントからマッキンゼー、ボストンコンサルティング…

【調査】インハウス弁護士で年収1000万円超は36%と判明

インハウスローヤー(企業内弁護士)の年収はいくらくらいなのか インハウスローヤーとは、法律事務所ではなく、企業に勤務する弁護士です。その年収の相場はいくらくらいでしょう。 インハウスローヤーの年収レンジで一番多いのは「750万円~1000万円」とい…

こうでもしなければ法務転職で年収を驚くほどアップさせることはできない

法務転職で年収1000万超を狙うシンプルな原則 法務部員が高年収を狙うにはどうしたらよいのか。 法務転職で年収1000万超を狙うシンプルな原則 1 結論:法務転職で年収を上げるには高い給料をもらえるポジションに就く 2 法務で高年収のポジションとは (1) …

司法試験勉強によるキャリアアップで選ぶべきおすすめ予備校講座はこれだ!

弁護士ではないが法務部に所属している、知識を身につけて成長したい、キャリアップを図りたいという人にはぜひ司法試験合格を目指して勉強してほしいと思います。

未経験からの法務転職を難しくしない方法

未経験者の法務への転職は難しいのか 一定の要件を満たせば法務への転職は可能と見ています。 一定の要件は、簡単に言って以下2つです。 ①英語 ②法務経験 なぜこれらが必要かというと、企業法務部はこれを備えた人を中途採用しようとしているからです。 どの…

司法試験不合格後の就活は法務狙いがよいのか

司法試験合格を諦めて就職するとしたらどの職種に就くべきなのか 就職先は2種類あります。 ①法務 ②法務以外 どちらにすべきかは人によります。 迷っている人は就活で両方応募して検討すべきです 検討材料となる事情を以下説明します。 (*2019年9月18日に加…

【調査】弁護士のインハウス転職理由はWLB52.3%と現場感49.4%

法律事務所勤務の弁護士が転職先として企業・インハウスを選ぶのはなぜか (2019年10月6日改訂) 弁護士は、法律事務所という特異な組織にいてこそ、その社会的地位を保てると考える人は多いと思います。法律事務所に所属する弁護士として特権階級のように感…

法務転職市場は拡大している

市場において法務人材は貴重である。 8月14日の日経新聞長官「デジタル法務で省力化、AIサムライ、類似特許を数十秒で検索、リーガルフォース、契約書不備をAIが指摘」から法務転職市場の有望性に関わる部分を抽出しました。 本新聞記事では、「法律に関…

弁護士・法務からシンクタンクへの転職

法務職以外の職種や職場に就職したい、コツコツと調査、リサーチをする仕事がしたいという人にはシンクタンクへの転職は選択肢に入れることができます。私はシンクタンクから「リサーチャーとしての入社はどうか?」と聞かれたことがありますので、弁護士や…

インハウスローヤー(企業内弁護士)の資格の要否

インハウスローヤーは企業内で働く際に弁護士資格が必要になるのか インハウスローヤーに弁護士資格が社内業務で必要になることはほとんどないというのが私の意見です。ただ、弁護士資格がなければ転職できない法務部や、有資格者が多くてそうではない法務部…

法律事務所を辞めるのはパートナー弁護士ストレス解放への特急券

もうここには来なくていいんだと知って平和になるためのアソシエイト転職術 「職場に行くのが辛い。。」そう考える弁護士(そして働く人すべて)のための記事です。無理してがんばってストレスで潰れる必要はありません。転職を考えてほしいと思います。 (2…

法務転職市場は売り手市場|doda「転職市場予測2019下半期」

dodaの「転職市場予測2019下半期」によれば、法務の転職市場は活況、求人数は増加傾向にあるようです。 1 求人数が増加傾向の活況転職市場 2 法務機能の内製化の動き 3 法務は常に一定の求人がある 4 法務にはいろいろなレベルのポジションの求人がある …

司法試験不合格でも企業法務部に就職することは可能か?はい、可能です。

タイトルのとおりです。これはよく読まれる記事のようですのでリバイバル記事として再掲します。 QA式です。 Q1:本当ですか? Q2:無名企業しか就職できないんじゃないですか? Q3:条件に差をつけられて給料安くなるんじゃないですか? Q4:司法試験崩れだ…

コンサルティングファームの法務部員になんかなりたくない

コンサルティングファームの法務求人情報はよく来ます。しかし、コンサルの法務にはなりたくありません。 KPMG、デロイト等の監査法人系のコンサルや、ボストン・コンサルティングのような戦略ファームまで、こうしたコンサルの主力事業はコンサルティングサ…

弁護士の勤務先として法律事務所と会社の違い マイケルペイジ

www.michaelpage.co.jp 上記のような記事がありました。参考になる記事ですが、違うと思う部分もあります。 「若手弁護士にとって」という限定をつけてみてみましょう。 (2019年10月27日改訂) 1 法律事務所と会社 概要 ① 法律事務所 ② 会社 2 それぞれの…

なぜ弁護士報酬は高いかを行動経済学から考える

弁護士報酬が高いと感じる心理を行動経済学から読み解く 弁護士報酬が高い。そう感じるのはなぜなのでしょうか。 100万円でも1億円でも、クライアントが「それに見合った金額だった」と思うなら、「高い」という不満は出にくいはずです。 請求する側の弁護士…

新人弁護士には最初の就職先は法律事務所が企業よりもおすすめ

司法試験合格後、就職先として企業か法律事務所のどちらか迷っている人へ。 法律事務所への就職をおすすめします。 勉強してきたことが活かせますし、法律実務家として力を付けられるのは企業より法律事務所の方だと思います。 企業は法律事務所に就職した後…

日経新聞調査でも法務市場は活況のようです

12月17日の日本経済新聞の朝刊で第14回「企業法務・弁護士調査」の結果が掲載されていました。調査概要は本記事末尾のとおりです。 その記事で、法務転職は今がチャンス!という内容が書かれていたので取り上げます。 1 大企業ではインハウスローヤーがいる…

法務転職の年収相場は上昇中。活況相場で高年収も狙える。

法務転職で最も気になる「年収」の相場に関するデータが出ていました。 2018/12/15の日本経済新聞朝刊の記事です。 人材サービスの業界団体で構成する人材サービス産業協議会(東京・港)は14日、中途採用時に提示される年収額の2018年の職種別データ…

民事訴訟の法廷での次回期日決定はどんな感じでやればよいのか

訴訟期日の最後に、次回期日を決めます。その話をします。 1 次回期日までの期間:「通常」とは「1か月」である 2 自分から「通常で」とは言わない 3 どれくらいの期間をもらえばいいのか(どの程度の猶予がもらえるか) 4 ゆとりをもたせる戦術 5 かえ…

建物明渡しの強制執行実施の体験談

(2019年10月14日改訂) 1 勝訴! 弁護士として関与した案件です。 賃料不払いを原因として賃貸借契約を解除し、賃借人を訴えました。勝てるかどうか微妙なところでもあったのですが、第一審で勝訴しました。 判決書を見る直前はとてもどきどきしました。 勝…

パートナーと上司、どちらがストレス?

パートナー弁護士の方が、会社の上司より一緒に働くのがしんどいです。 当然ながら人によります。企業に入ってから「上司のパラハラに遭っている」といっている知り合いの弁護士もいます。しかし、多くの場合弁護士の方がきついはずです。 なので、「もうこ…

不動産売却を野村不動産に依頼した案件

ある相続案件でクライアントの相続財産である家を売却することになり、野村不動産アーバンネットに無料査定と売却を依頼しました。 野村不動産アーバンネットの不動産情報サイト「ノムコム」 次の点がとても役に立ちました。 1 無料査定 野村不動産のシステ…

多忙な法律事務所の弁護士は夜何時まで働いているのか

「だいたい午前4時くらいに帰宅してる。最近は午前2時くらいに帰れるとうれしい。」 これはある激務で有名なU法律事務所のアソシエイトが述べていた発言です。 これはかなり極端な例ですが、東京の多忙な事務所では若手アソシエイトの帰宅がだいたい午前中に…

会社から見た弁護士による売り込み

外国人弁護士は、よく営業にやってきます。 日本の法律事務所はほとんど営業に来ませんが、外国人は本当によくやってきます。 会社側では「表敬訪問」といって面談に応じています。 弁護士の営業の面談は、会社にとってほとんどの場合役に立ちません 「うち…

企業内弁護士(インハウスローヤー)のキャリアパス

企業内弁護士の将来は、とても不明確です。 これまでに例のない新しい人種だからです。 古き良き年功序列型大企業の場合、弁護士資格は評価されず、よいサラリーマンとして良いキャリアパスをたどるのは難しい そのように私は考えています。 理由は簡単です…

訴訟期日に初めて一人で行く

(2019年10月14日改訂) 法律事務所に就職した初日、ボス弁からこう言われました。 「明日、期日に一人で行ってきて」 期日に、一人で?!と思いました。 案件のことをよくわからないのは当然のことながら、弁護士になって代理人として行ったことはありませ…

法律事務所から企業に転職した理由

法律事務所を辞めて会社の法務部へ。 なぜ法律事務所業界を離れたのか? ネガティブな理由とポジティブな理由があります。 (2019年10月21日改訂) 1 ネガティブな理由 2 ポジティブな理由 3 法律事務所から企業への転職というマインドセットに苦労する …