転職キャリアルール

外資系企業勤務弁護士サラリーマン弁護士による転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

仕事・転職・キャリア

転職したほうがいいひと、しないほうがいい人

どんな人が転職すべきか 「私は転職すべきか、会社に残るべきか」 という問いに対して、「転職したほうがいい」となる人はどのような人か。 端的な答えは、現職場よりも転職で状況が良くなる人です。 転職すべきかどうかは、現職場と比較して決定すべきです…

稼ぐサラリーマンとして年収アップするには勉強すべき | 転職にも使える

なぜビジネスマンは高い給料を得るために勉強に時間を割くべきなのか 金稼ぎに関連するスキルを身につければ、収入が上がる可能性が上がるのが道理です。 多くの仕事では、スキルを上げるには、仕事をただするだけでなく、勉強をするのが効果的です。 スキル…

やりたい仕事がなくても転職は全然問題ない

やりたいこと、好きなことを仕事にすべきとの考えに執着しない方がいい 「好きなことをすべきだ」とアドバイスする人 「今の仕事が好き」と満足気に働く人 こんな他人を見聞きしていると、自分は好きな仕事ができていないから不遇の人生を送っているんじゃな…

転職で成長産業を狙うことの罠 | 誰もがひっかかる

「転職するなら成長業界!」なんで? 転職では、成長産業にこだわるべきではありません。 転職で注目すべきは、会社や部署等のもっと細かい単位です。 「成長産業で働けば自分も成長できて、年収アップも期待できる」なんてコメントがありますが、成長産業で…

会社を辞めて転職するか辞めずに残るかを正しく決断する方法

会社を辞めるべきか残るべきか、転職ではそれが問題だ この難しい問題を解決するためには自分なりの基準が必要です。 司法試験の勉強や弁護士の仕事でたくさんの判例等で「基準」を学んできた本ブログ管理人が、転職で誰でも使える簡単な基準を作りました。 …

転職職務経歴書の心理学的に有効な書き方・コツ | 書類審査突破率を上げる

転職採用者の心理・認知を考慮した効果的な職務経歴書で書類審査通過を目指せ 職務経歴書をパワーアップして書類審査の合格率を上げるためには、読み手にとって認知負担の少ない(読みやすい)形式を整えましょう。 心理学等をふまえた書き方・コツのまとめ…

転職面接の順番は後の方を狙え

転職面接を受けるなら後の方がいい 人気の企業へはたくさんのライバルが応募します。30人とか50人とか。もっとか。 その中で面接を受けるのなら、「いつ」面接を受けるのが有利なのでしょうか。 1番目か、30番目か、あるいは15番目か。 答えは、「できるだけ…

JPモルガン流効率的会議術

無駄な非効率会議を減らせ JPモルガンのCEOであるジェイミー・ダイモンが2017年の株主への手紙の中で会議、それも社内会議についてコメントしていました。 無駄な社内会議をどうにかしたい人は必見です。 年俸30億円超のスーパービジネスマンの会議について…

転職面接前に知るべき効果的な心理学の知識

転職活動で役立つ心理テクニック 面接官に「もしこの人を採用したら」と思わせる ネガティブな警告よりもポジティブなメッセージを発信 明るく楽しい感じを出す 面接官に話をさせる 面接官の意見を否定しない 採用者にコミットさせる 面接の順番は後の方を狙…

結婚、仕事・キャリア、そして人生での幸せ

結婚相手の選び方が仕事・キャリア・人生の幸福感に影響を及ぼす 本記事は、結婚相手の選び方と留意点を、心理学とビジネス界で成功を収めた偉人の知見から解説します。 結婚相手の選び方・相手に期待しない人・自分より賢い・ネガティブ発言が少ない・似た…

マルチタスクは仕事の生産性を下げて人を不幸にする

Warren Buffett, Charlie Munger and Bill Gates (2019年5月) 集中こそが成功へのカギ 複数を並行してやれば時間の効率的な使い方になるのか。 そうはならないようです。 「二兎を追う者は一兎をも得ず」という結果になります。 効率性やたくさんの成果を追…

転職エージェントとの電話面談の感想

コロナ感染防止のため転職エージェントとの面談は電話でもOK 転職エージェントとの面談は電話でも普通に問題なくできます。 転職エージェントと無理に対面で会う必要はありません。 メールと電話だけで転職活動の手続きを進めることは可能です。 コロナショ…

WEB・電話面接の場所確保は転職活動で意外な重要ポイント

WEB面接、電話面接はどこで受けるべきか 2020年6月17日改訂 自宅? カフェ? まさか職場? 日系企業転職では少ないけれども、外資系企業の転職だとよくある電話面接。 最近は新型コロナの影響で日系企業でも導入。 どこで受けたらいいかは意外に頭を悩ませま…

公務員からの転職を成功させるには

公務員の民間への転職作戦 「役所は特殊な世界で、ここで働いていた人は民間では通用しないのでは…?」 と思う必要はありません。 余計な先入観を持たずに普通に転職活動をすればうまくいきます。 公務員の民間への転職作戦 1 公務員が使うべき転職エージェ…

レイ・ダリオの新型コロナについての考え

コロナウィルスで混沌とする現状に向き合うためのレイ・ダリオの知恵 新型コロナの感染拡大で、テレワーク、時差通勤、外出自粛、スポーツは無観客試合、観光地は閑古鳥、飲食・小売業への大打撃、と様々な後ろ向きな出来事が起きています。 株価も大幅に下…

転職エージェントに対して断ることは重要だ | 求人情報の多くは無視。「とりあえず応募」は厳禁

やたらめったら応募するのは非効率ですし、望ましい仕事に近づける確率をほとんど上げません。 また、転職活動に少しでも着手すると、自分のマインドは知らぬ間に「転職ありき」モードに切り替わってしまいます。これに抗って合理的な判断をし続けるのは並大…

ハイキャリアを目指すビジネスパーソンはバフェットの取締役論を知るべき

意識の高いビジネスパーソンにはウォーレン・バフェットのコーポレートガバナンス論が役に立つ 「オマハの賢人」ことウォーレン・バフェットが取締役について語りました。 バフェットを単なる投資家と思うのは大誤りです。 売上25兆円超のスーパー企業群バー…

中高年、40代、50代の転職トレンド

40代、50代以上の中高年の転職市場はどうなっているのか 過去の新聞記事等から中高年転職のトレンドをさぐります。 結論から言えば、どんどん拡張している。 中高年転職は過去より未来の方が明るい。 40代、50代以上の中高年の転職市場はどうなっているのか …

転職は職場の人間関係の悩みを解決してくれた

いつまでその上司のストレスに耐えるのか 今の職場の上司に不満がある。 部下がイマイチだ。 こうした不満は誰しも持っています。 「サラリーマンなんだから上司は選べない」という諦めの声も多く聞かれます。 しかし、自分への影響の大きさを考えれば、上司…

転職活動がうまくいく心構えを行動経済学から作り上げてみた

転職活動期間中に幸せに過ごすには何を考えたらいいのか 「この会社から内定がもらえるんじゃないか・・・!」 転職活動中にこう思った時は気をつけましょう。 過大な期待、落選時のショックで心理的ダメージを受けないよう冷静さを保つべきです。 転職活動…

幸せになりたければ他人の年収を羨む生き方は今すぐやめなさい

人の年収を羨むのではなく自分の人生やキャリアに集中せよ 有名大企業や外資系企業に勤務する同期の友人の年収が圧倒的に高い。 同僚が先に出世した。給料も大幅に上がったに違いない。 金持ちの家に生まれてたらなあ。 帰国子女は英語で苦労しなくて羨まし…

仕事ストレスは裁量の乏しさに由来するので転職でも注意すべき

箸の上げ下げまでも上司に「ホウレンソウ」で楽しいか? 仕事で細かいことも含めて何もかも上司の許可を得ないと進まない。 これは非常にストレスフルな状況です。 しかし、このような状況はどの職場にもありふれています。 「自分で決められない」という裁…

転職市場のトレンド 新型コロナで営業・事務職で給料の伸びが鈍化

新型コロナと転職 今現在は、まさにwithコロナの真っ最中です。 その中で出てきたトレンドである営業と事務職の転職市場価値の低下を最新トピックとしてとりあげます。 (2020年8月5日改訂) 新型コロナと転職 営業・事務職は転職時の給料の伸びが鈍っている…

管理部門人材は転職市場価値が低いのか

売上を生み出さない管理部門(人事、経理、総務、法務等)は価値の低い劣後部署なのか ある大企業の社長が、人事畑出身の役員(人事部長)についてこう言っていた。 「人事屋だろ?ビジネスのことわからないだろ」 管理部門人材には価値がなく、高給は望めな…

休みのよい終わらせ方で仕事開始ストレスに備える心理テクニック

休みもう終わりだ・・・仕事行きたくないという考えにしなやかに対応するための行動経済学者のアドバイス 長期休暇出だしは最高の気分です。 「まだ○○日も休みがある!」 しかし、 後半に差し掛かってくるとじわじわと休みの終わりが嫌になってきますね。 そ…

転職先の選び方を最新心理学から考えてみた

最適な転職先をどのように選んだらいいのかをノーベル賞受賞者の見識からポイントを抽出した 自分は一体何がしたいのか どのような職場に言ったらいいのか 禅問答のような答えのない質問です。 これに答えるべく、ノーベル経済学賞を受賞した心理学者ダニエ…

ベンチャー転職で失敗も後悔もしないための注意点

ベンチャー企業はやりたいことができるワンダーランドではない 使えない中年社員の下で長年くすぶるのなんて嫌だ! それに比べてベンチャー企業は面白そう。 そんな考えで大丈夫?という記事です。 大企業への転職に比べてベンチャー企業転職への方が安全性…

転職で有名企業を選んで虎の威(会社ブランド)を借りる狐になる

会社ブランドを気にしない人がいるのか 新卒の就職活動では、学生は就職先の会社ブランドを気にします。 会社に入って働き始めてからも、会社ブランドを気にすることになる機会はたくさんあります。 親族、友人にどこで働いているか言う スポーツクラブの入…

転職で成功するには今(現職)を大事にする

今の仕事を充実させることが良い転職につながる どうしたら転職を成功させることができるか? その手段の一つが、「現在の職場でいい働きをする」です。 なぜこれがよい転職につながるのか。 (2020年4月29日改訂) 今の仕事を充実させることが良い転職につ…

あなたの給料が安いのはなぜか | 年収アップの真実

安い給料の理由を知って高給取りになるための戦略を考える なぜ年収が低いのか。 答えは、会社員であれば、「給料が安いポジションに就いているから」です。 給料は直接的にはポジションで決まります。 業界 × 会社 × 役職 × 職種の掛け合わせで決まるのです…