転職キャリアルール

外資系企業勤務弁護士サラリーマンによる転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

仕事・転職・キャリア

社会の役に立つ仕事がしたいという志望動機を持つ者は社会の役立たず

世のため人のために生きる仕事を考える前に自分のことを考えるべし (2021年6月6日改訂) どんな仕事をしたいか? どうせなら人の役に立って社会のためになる意義のある仕事でやりがいを感じたい!と思う人も多いでしょう。 私も弁護士として働いて少しは社…

副業と転職どっちがいいのか | 決定法とその理由

副業がダメな理由と転職の方が多くのサラリーマンにはおすすめな理由 私は、働き始める前にブログアフィリエイトで年間60万円ほど売上を上げたことがあります。 転職は3回しています。 副業=ブログアフィリエイト、というわけではないですが、副業は多くの…

【転職が怖い・動けない】その心理的理由を知らないとキャリアで損をする

転職にどう向き合ったらいいのか? 「転職を検討した方がいいとは思うけど」 「ずっと今の会社にいるのがいいとは限らない」 「でも今の会社を辞めて転職するのは怖い。今より悪くなるかも。」 その結果特に転職活動をしない。今の環境が不満であっても。 理…

仕事で妬み・嫉妬する理由 | 他人の失敗を喜ぶ心理との向き合い方

人はなぜ仕事や転職で成功した友人を妬むのか 私は、法律事務所と会社の両方で働いてきましたが、どちらの組織でも同僚や同期に対する妬みは必ず存在しました。 そう思いたくなくても、不可避的に人は同期や友人の成功を悔しがり、失敗を喜びます。心の中で…

転職活動でのOB訪問はCREEDO(クリード)で誰でも簡単にできる

転職でもOB訪問を可能にするサービス「CREEDO(クリード)」 私は、これまで3回転職しました。 その際に悩むことの1つは「応募先のこの会社、本当のところはどうなんだろう」というものです。 なんか外から見ればよさそうな会社に見える。 でも、実際に働い…

転職は若いうちが有利な理由は遺伝子と脳に聞け

転職は若いうちにしないと有利さが失われる (2021年5月1日改訂) 今の職場を辞めて転職するか、そう悩んでいる人は転職における若さの利点を知っておくべきです。 私は3回転職していますが、若い時の方が転職は楽です。 他者の転職を見ていても、若いうちに…

転職エージェントへの相談で失敗した体験談

転職エージェントとの面談失敗談 私は、30社以上の人材紹介会社、40人以上の転職エージェント担当者に転職相談をし、3回転職をしました。 転職エージェントは「ここがいい!」というのを断言するのは難しいです。 いい会社であったとしても、そこの良くない…

面接が顔採用と言われる深い理由 | 進化心理学でひも解く目力

面接は顔で決まる。中でも目が命 (2021年4月8日改訂) 面接では、魅力ある顔であるか、つまり美人・イケメンであるかが重視されます。 多くの人には「そんなこと言われても。。」になりますが、進化の過程で人の遺伝子に組み込まれた他人の評価の項目に「美…

カジュアル面談はその後の選考に影響する【体験談】

カジュアル面接での質問が悪いと落とされるだろう カジュアル面談で「年収はいくらくらいが希望ですか?」と質問をされたので、高めの希望額を気楽に伝えました。カジュアル面談ですからね。その後面接官が急にトーンダウンして「何か聞きたいことありますか…

採用面接で説得力ある話し方をしたい人へ | 社会心理学者が教える内定を得る術

採用面接で内定を勝ち取るには面接官を説得しなければならない 転職等の採用面接で内定をもらうためには、応募者は「私を採用すべきだ」と面接官を説得する必要があります。 「私を取った方がいいかもしれないし、良くないかもしれない」という態度では良く…

ダメ出しばかりする上司は無能 | 「フィードバックだ」と偉そうに言われても

仕事のミスを指摘して短所を克服させるフィードバックは効果的ではない (2021年4月11日改訂) 「それは違う」 「君の考えは間違っている」 「ここはこうした方がいい」 仕事上で、上司や同僚からの”フィードバック”は、仕事の質を向上させるものと広く信じ…

転職のための情報収集と企業研究のやり方

転職のためにすべき情報収集の方法と企業研究のやり方 (2021年3月20日改訂) 転職するにあたっては、転職候補先の企業につき、十分に時間をかけて調べるべきです。 本記事では、転職のたびにあれこれと転職候補先企業を調べ、個人投資家としても会社を分析…

転職面接では見た目を整えよ【知らないと損する突破のコツ】

採用面接は容姿で55%決まる 転職するなら容姿も磨け。 採用担当者が目が見えない、というのでなければ、応募者の外見は当然面接官に見られます。 見かけによる視覚情報が持つ意味が大きい。 転職面接では見た目にも気を配るべきです。

リファレンスチェック・バックグラウンドチェックとは | 転職で前職調査を拒否できるのか

転職応募時にリファレンスチェック(前職調査)をしてよいかと質問されたらどうするか 外資系企業に応募すると、「前職の職場に照会をかけることがあります。同意しますか?」という質問をされることがあります。 リファレンスチェック(前職調査)というや…

仕事での幸せを求めて転職をしてはならない

仕事で幸せであるべきとの考えにとらわれるのはよくない 仕事が楽しくない。 仕事が楽しいならどれだけ幸せだろう。 職場で従業員が幸せを感じられる職場が最高だ。 仕事では幸福感を感じられるべきであり、そのような仕事・職場を追い求めるのは、仕事選び…

転職活動のやる気が出ない時に効く心理学的処方箋

転職するにはやるべきことがあるが、やる気が出ない時にどうしたらいいのか 今の職場はもう嫌だ。転職する。 そう心に決めたのに、転職活動が億劫でしょうがない。 転職するにはそもそも何から始めたらいいのか。 履歴書?職務経歴書?何か書けばいいの?そ…

転職面接は第一印象で決まる | 面接官が気づかない勘違いと判断の方法

転職面接で第一印象は大切だ (2021年1月24日改訂) 転職面接で、最初の印象はインパクトが大きいです。 とても大きい。 採用するか否かの評価の基準として後々まで響きます。 なぜそんなに大事で、どうすべきかを説明します。 転職面接で第一印象は大切だ …

転職面接に受かるアピール方法 | ハーバード流面接突破術

転職面接合格のための心理学に有効なアピール方法 (2021年5月27日改訂) 転職面接の合格率を高めるためには面接で何を話したらいいのか? 【転職面接で伝えるべきことの要約】 (i) 人間的な温かみを示す 相手に関心を払う 共感を示す 自分が先に相手を信用…

転職で発生するプレッシャー | 面接と入社後の即戦力期待

転職で受けるプレッシャー 転職では、入社後に即戦力として働くことが期待されます。 これは大いなるプレッシャー。 そして、採用する側は、応募者には中途入社後にビシバシ働いてもらいたいと思って採用活動をしています。 とすれば、採用活動の途中、面接…

転職時の採用面接に意味はない | 面談で人は見抜けない

人を見抜けなくても採用で面接は重視される (2021年5月1日改訂) 採用面接のポイントを考えると、次の結論に行きつきます。 面接では人は見抜けない。 人を見抜けないにもかかわらず面接が実施されるということは、面接官は勘違いをしているということです…

外資系企業への転職は英語ができない人でも大丈夫 | 外資弁護士サラリーマンの転職術

外資系企業への転職は英語ができないとダメですか? 英語が出来なくても大丈夫! 英語力が低いが外資系企業で働いている人はたくさんいます。 行きたい企業、希望する仕事があるなら、「外資系だから…」「英語が。。」と臆することなく、その懸念は現実のも…

テレワークの生産性を高めるおすすめ椅子 | 疲れ知らずの在宅勤務に

会社の椅子はデスクワークに向いていますが、家の椅子はそうではありません。座って仕事をする時間が長い方は、どの椅子に座るべきかを重視すべきです。 良い椅子に座れば、疲れにくくなり、生産性が高まります。

直感で仕事を選び転職を決めていいのか

直感を信じて転職を決定してはいけない 転職で決断する時に直感で選んではいけません。 なぜか? 転職という複雑な要素がからみあった難しい問題の答えを出すのに、直感のそそっかしい速い思考システムが向いていないからです。 「直感で転職先を決める」は…

転職したほうがいい人、しないほうがいい人

どんな人が転職すべきか (2021年5月18日改訂) 「私は転職すべきか、会社に残るべきか」 という問いに対して、「転職したほうがいい」となる人はどのような人か。 端的な答えは、現職場よりも転職で状況が良くなる人です。 転職すべきかどうかは、現職場と…

サラリーマンが年収を上げる勉強【金持ちは勉強マシーン】

年収を上げるにはなぜ勉強に時間を割くべきなのか (2021年6月6日改訂) 金稼ぎに関連するスキルを身につければ、収入が上がる可能性が上がるのが道理です。 多くの仕事では、スキルを上げるには、仕事をただするだけでなく、勉強をするのが効果的です。 目…

やりたい仕事がない人でも転職して全然問題ない

やりたいこと、好きなことを仕事にすべきとの考えに執着しない方がいい 「好きなことをすべきだ」とアドバイスする人 「今の仕事が好き」と満足気に働く人 こんな他人を見聞きしていると、自分は好きな仕事ができていないから不遇の人生を送っているんじゃな…

転職で成長産業を狙うことの罠 | 誰もがひっかかる

「転職するなら成長業界!」なんで? 転職では、成長産業にこだわるべきではありません。 転職で注目すべきは、会社や部署等のもっと細かい単位です。 「成長産業で働けば自分も成長できて、年収アップも期待できる」なんてコメントがありますが、成長産業で…

会社を辞めて転職するか辞めずに残るかの英断を下す方法

会社を辞めるべきか残るべきか、転職ではそれが問題だ (2021年4月12日改訂) この難しい問題を解決するためには自分なりの基準が必要です。 司法試験の勉強や弁護士の仕事でたくさんの判例等で「基準」を学んできた本ブログ管理人が、転職で誰でも使える簡…

転職職務経歴書の心理学的に有効な書き方・コツ | 書類審査突破率を上げる

転職採用者の心理・認知を考慮した効果的な職務経歴書で書類審査通過を目指せ 職務経歴書をパワーアップして書類審査の合格率を上げるためには、読み手にとって認知負担の少ない(読みやすい)形式を整えましょう。 心理学等をふまえた書き方・コツのまとめ…

転職面接の順番は後の方を狙え

転職面接を受けるなら後の方がいい (2021年5月23日改訂) 人気の企業へはたくさんのライバルが応募します。30人とか50人とか。もっとか。 その中で面接を受けるのなら、「いつ」面接を受けるのが有利なのでしょうか。 1番目か、30番目か、あるいは15番目か…