転職キャリアルール

現役企業内弁護士による複数回の転職体験談、おすすめの転職エージェント情報、キャリアパス形成等

スキルアップ

ビジネス法務パーソン(弁護士)が会計を勉強するには簿記3級がおすすめ

会計はビジネスで必須の知識です。 会計はビジネス上の言語です。早いうちに習得して自分のものにするに越したことはありません。 ーウォーレン・バフェット Accounting is the language of business and there’s nothing like getting it early and getting…

プログリットは日経新聞紹介の英語コーチングスクール

日経新聞でプログリットがビジネスマン向け英語コーチとして紹介されていた 日本経済新聞2019年10月1日夕刊「学びの秋コーチと実践――英語・IT…計画を共有(Bizワザ)」という記事で、英語コーチを活用し、計画的に勉強する方法が説明され、そこでプログ…

法律事務所・会社と英語

英語を業務で使うか? 職場による、というのが答えですが、使うところは本当に使います。 私は、以下の職場を経験しています。 ①英語を全く使わない法律事務所 ②英語をしばしば使う法律事務所 ③英語をしばしば使う会社 1 英語を使わない職場では英語は全く…

英語への慣れが実力低下をもたらす危険性

英語を使わない職場にいると、英語を使って仕事をしている人が遠い世界にいる人のように思えてしまいます。「その遠い世界の人になりたいから転職します」という志望動機はかなり危険です。 実際は英語を使っても遠い世界に行ったことにはなりません。使うだ…

法務に英語力は不可欠(あると役に立つ)

当たり前なタイトルになってしまいました。海外案件で英語は重要です。 したがって、転職の際にも英語力は大きなポイントになることが多いです。 なお、海外案件だけでなく、国内案件でも英語が出てこないとは限りません。外資系クライアントが日本でビジネ…